ちょっとおしゃれにブックシェルフを木工DIY ワトコオイル塗ってみた

ワトコオイル ミディアムウォルナット 薄め液

今回のDIYは前回作成したブックシェルフを塗装していきたいと思います。

ブックシェルフ作成編

木工DIY ちょっとだけおしゃれにブックシェルフ作ってみました。
こんばんは、はっちです^^♪ 今回はブックシェルフを作ってみようと思いました^^ ちょっとしたところに本を立てておく場所...

今回から購入した、ワトコオイル。(ミディアムウォルナット)

隣のはペイントうすめ液(シンナー)を使っていきます。

 
sponcered link

ワトコオイル ミディアムウォルナットの使用感

ワトコオイルは、木製製品の木目を強調し、木の美しさを際だたせるような塗料です。

種類も色々あり、ナチュラルから、アンティーク調になるようなものまで様々。

色は基本的に木の美しさを出すことから茶色が多いです。

今回はその中でも一番人気を言われている(というか無難。)ミディアムウォルナットを使用してみます。

ワトコオイルを実際に塗ってみよう

ワトコオイルというぐらいなので油性です。油性の塗料は水では落ちませんので、こういう薄め液を使用して筆、入れ物を洗います。

このワトコオイルは多少臭いもでますが、しばらく外に置いておくと臭いが消えます。

このオイルがまたいい色味を出すんです。

ワトコオイル 塗装 ウォルナット

途中までなので汚いですが、塗るごとに木目が引き立ってきます。

ワトコオイルは「とにかくこれを塗っておけば大丈夫。」と言われる木工製品に適した塗料。

今回これを二度塗りしました。

ただ、このオイル自身には防腐効果も保護効果もありません。保護効果を出すためには、上からニスを塗ってやると、手触りに加えてつやつやさも出てきます。

ミディアムウォルナット ワトコオイル ブックシェルフ

一度塗りです。中々良い味が出てきました。

ちらっと左下に見えていますが、これぐらいの小さいハケで塗っていくと楽です。(@ホームセンターで100円ぐらい)

ミディアムウォルナット ワトコオイル

2度塗り完了しました。

一度塗りに比べてより、木目が際立ちます。

ワトコオイルは油性ですので、筆を洗ったりするのには、先程出てきたペイント薄め液で洗います。

洗ったあとは、どこかにつかないように、新聞紙で筆を包んで保管しています。

ブックシェルフを倒れないように工夫

最後に、このブックスタンドは自立しますが、本を載せるとかなり危なっかしい。

ということで、100均で手芸用の両面テープ付きのマジックテープを購入。

転倒防止 マジックテープ

設置するTVボードと作成したブックシェルフに取り付けて、簡易な転倒防止策としました。

これで安心して本を載せることが出来ます。

今回使用したブックシェルフDIYの材料費

1×4(ワンバイフォー)材 SPF材 6feet 3本 約650円

20Φ 1m の丸棒 300円ぐらい。

10Φ 1m の丸棒 100円。

両面テープ付きマジックテープ 100円

合計1,150円+30mmのビス。

という感じです。

そして塗料が。

ワトコオイル ミディアムウォルナット 1L 2,780円(高い^^;)

ペイント薄め液 1L 498円

今回使用した分は10分の1ぐらいでしょうか。

ということで、合計で大体1,500円!

と無理やりお手頃価格に納めさせていただきました(汗)

DIYやり始めた当初に購入したビスが・・・

余談ですが、今まで色々とDIYで作ってきた結果。

900本入りの30mm 3.3mの細ビスが、ほぼすべて無くなってしまいました^^;

ビス DIY

写真は制作前なのでこれがほぼ空になってしまいました(*^^*)

もう900本も打ってきたんですね。もっと大きなコーススレッドも含めれば余裕で1,000本超えてしまいます。

まぁ、

その割には、まだドリルの力に負けてビス頭を外してしまうことがあるんですけどね。

(´Д`)しろうと

テレビの左にごっちゃっとリモコンとか乗っていますが、今回作成したブックシェルフの設置の様子です。

TVボードとブックシェルフ

空きスペース(悲しい(TT))を有効活用するためのニッチ風ブックシェルフの作り方でした。大きいテレビほしいですねw

では~(^O^)/

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ