調湿消臭効果のエコカラットをDIYで貼ってみよう!DIYおすすめの貼り方

こんにちは、はっちです^^♪

今回のDIYはエコカラットという装飾タイルを張って、家の中をちょっとデザインしてみよう!

というDIYにチャレンジです。

ただ、このタイル装飾だけが目的ではないのも一つの利点ですね。

今回はDIYならではの悩みや施工方法などを紹介していきます(^O^)/

 
sponcered link

エコカラットとは

エコカラットとは、LIXIL(リクシル)製の屋内用タイルのことで、HPのキャッチフレーズを見ると。

うれしい空気と暮らしを作る壁材

しあわせつくるウォール「エコカラット」は、空気を美しく整えるインテリア壁材です。季節をとわず快適な湿度を保ち、気になるニオイや有害な物質も低減します。デザインも豊富なので、空間コーディネートも自由自在。新築・リフォームにもおすすめ。

効果としては、湿度の調整し、結露や過乾燥を抑制してくれます。

その調湿能力は、一般的な調湿壁紙のおおよそ25倍

珪藻土の5~6倍も高いものとなっています。

トイレ、玄関を始めとして、寝室、部屋干しする部屋など、で効果を発揮してくれるようです。

そして何より目立つのが、そのデザイン。

様々な色、デザインがあり、色々な部屋にマッチするようになっています。

先ほどのURLの先にエコカラットシミュレータがありますので、どんなイメージになるのか、というのを確認したりも出来ます。

実際の施工例はさすけさんのパールマスクとりさんのエコカラットの記事が参考になると思います(*^^*)

タイルなんてDIYで貼れるの?剥がれてこない?

エコカラットをDIYで貼ることは非常にカンタンです。

専用のノリを付けて、ペタッと貼るだけです。

ですが、そう言うほど簡単には行かないのが素人DIYの怖い所。

エコカラットを貼る場所は、クロスの上、もしくは、クロスを剥がした下地の上です。

どちらにしろ、今まで綺麗に貼られていたクロスは使えなくなってしまいます。

クロスを剥がすのって勇気いりますよね。

ここは一つの難関です。

a0002_012109

エコカラットを貼るときにクロスを剥がす?

ちなみに、エコカラットを貼るときに、クロスを剥がすか、剥がさないか、ということは少し別れるようです。

推奨されるエコカラットの張り方としては、クロスを剥がして下地に直接エコカラットを貼る方が確実です。

ですが、もし剥がそうとした時に、そのノリの接着力から、下地を削ることになるそうです。

そうなればその上にクロスは貼れません。下地の石膏ボード毎交換になるかもしれません。

一方で、クロスが剥がれてくることを防ぐことができれば、クロスに貼り付けたエコカラットは、クロス毎剥がすことが出来ます。

この辺りは非常に悩ましいです。

やはりタイルが剥がれて落ちてくることは危険ですので、なるべくなら防ぎたいです。

自分としては、クロスの継ぎ目部分をタッカーで補強してけば、よっぽど大丈夫、と思っています。(公式サイトでは455mmピッチでタッカーを打ち付けることを推奨しています。)

ただ、実際に落ちてくる可能性もありますので、注意してください。

タッカー DIY

あまり無いとは思いますが、クロスの継ぎ目部分に沿って、エコカラットを貼ると、恐らくですがエコカラットの重みでクロス毎剥がれてきます。

一方で、クロスの継ぎ目を覆うようにエコカラットを貼ってやれば剥がれてくる心配は少なそうです。

クロスはしっかり張り付いているように見えますが、部分的に力をかけてやれば、すぐに剥がれてしまいます。

我が家での一例なんですが。

エコカラット DIY

壁のコーナー部分が危なかったので、コーナークッションを買ってきて貼り付けていました。

貼り付けた両面テープは3Mのもの。ですが、そんなに強力なものではないはずです。

今回、エコカラットを張ろうとして、その場所を剥がそうとしたら。。。

べりーーー。

調湿消臭効果のエコカラットをDIY 壁紙 剥がす

げ。

まさかの壁紙毎持ってかれてしまいました。

これはまずい。

ここまで強力にくっついていたとは思っていませんでした。

これは冷や汗ものです。

最近、DIYで失敗続き(隠してるだけ)なので、家族からの白い目を逃れることはできません。実は・・・(-.-;)

一瞬さすけさんのクロス補修の記事が思い浮かんでしまいました。

こんばんは。さすけです\(^o^)/ 先日ブログで少し書きましたが、我が家の壁紙がびりっと破れてしまいました。&

救いなのは、エコカラットを貼るための、エコカラットをすでに購入していたこと。

もう後戻りできません。