コストパフォーマンスの桧家住宅

こんにちは、はっちです(^^♪

logo

泡で断熱、Wバリア工法などで断熱性能を高めている木造住宅メーカーです。


名駅北ハウジングセンターで見るだけワッペンをつけての訪問でしたが、営業さんの


「他でプランがある程度固まったら、また来てください!必ず安くします!」


との、ほんとかな?


と思える提案にも一つ乗ってみよう!という思いがありました。



興味のある方はポチ? ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )
   
押してくれると励みになります(^^ゞ



桧屋住宅の印象としては、他のメーカーで見た色々な工法が良いとこどりされているようなイメージでした。


あまり他では見なかったのは、泡断熱のアクアフォームでした。


アクアフォームは吹き付け剤自身がかなり膨らむため、断熱性能が高く、隙間がほとんど無さそうです。

とはいえ、Q値2.2とは意外に高め。


次世代住宅基準のQ値は2.7であるため、一般的なハウスメーカーはその値を下回ってきます。

Q値2.2はしっかり超えている(低いほど良い)のですが、鉄骨メーカーでも1.9とか出しているのを見ると「?」がつきます。


桧家住宅は中部圏では馴染みの薄い住宅メーカーですが、関東を中心に戸数を増やしているようです。

愛知でも新和建設とフランチャイズ契約を結ぶことで、戸数獲得を狙っているようでした。


新和建設の施工品質は非常に高いようです。(新和建設の日記へ


材料などを桧屋が安く仕入れ、腕のいい新和建設の職人さんによる家づくりをすることで、安く、いい家を提供することが狙いなんでしょう。

良いとこどりは、私たちのような中流層(だと思ってる日本人は9割だそうですが)には魅力的な言葉です。

先進的な家です!と言われているより、良く知られている技術を安く提供できます!


と言われれば、コストパフォーマンスがいいように思います。


中々面白そうだったので、具体的な要望を話をして、見積もりをお願いしました。


営業さんくまごろうみたいな人だったなぁ・・・

ぽちっとするか【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )
  
押してくれると励みになります(^^ゞ