調整区域で建築できるか? その1

こんにちは、はっちです(^^♪



調整区域という言葉は都市部ではあまり聞かないかもしれませんが、都市計画であったり、農業優先であったり、その名の通り土地に調整をかけている地域です。



はじめにで少し触れましたが、我が家の建設予定地は親から譲り受けた土地であり、調整区域の中です。


一条工務店で契約したのはいいのですが、具体的な話は、調整区域の話が決まってから。と契約時に話をして、打ち合わせを進めていませんでした。


親からは


「建物が建つかどうかもわからないのに、地盤調査するとは何事だ!」


と言われる始末(@_@;)


調査後の土地改良の見積もりが怖いです・・・


これは行政書士さんとの打ち合わせの話です。

a0001_011484


調整区域って何って方もポチっと

 とあるハウスメーカー訪問時に相談は無料ということで、行政書士さんを紹介頂きました。


最初はハウスメーカーと行政書士がつながっていて、色々費用が上乗せになったり、途中から契約しないとダメとか迫ってくるのではと思っていましたが、そんなことはないようです。


行政書士さんとしても、色んなハウスメーカーに営業して仕事になりそうなお客さんを紹介してもらうみたいですね。


ハウスメーカー側としても、土地がはっきりしないことには建てられませんし、行政書士さんとしても新規顧客を獲得するにはいい場所ですね。



営業さんのいない所で確認しましたが、他メーカーで家を建てることになっても問題ないとのことでした。( ´∀`)


現在はそのハウスメーカーとは連絡も取ってません。。。(。-人-。) ゴメーン



今回の調整区域は農地限定の土地です。


もちろん農業をするための土地ですので、家は建てられません。


周辺は畑だらけです(・∀・)ナニモナイネ。



その調整区域に家を建てるためには、


「こうこうこういう理由があるから、調整区域だけど家建てていい?」


「うーん、それならしょうがないなぁ」


というやり取りがと必要になるようです。



今回、問題になりそうなのは




1,親(調整区域の所有者)が市街化区域に土地を持っていないこと。


当然ですね。調整区域以外の土地があるのなら、そっちに建ててよ。と言う「県」の言い分はわかります。



2,対象の土地が、実家の分家として認められる距離にあるかどうか。


親の面倒を見るから、この土地に建てさせてくれ。という理由のためのようです。

距離というのは明確に決まっているわけではないようです。



3,実家が市街化区域にある場合、跡継ぎが誰であるか。


両親が今の家に住まなくなった場合(具体的にはお亡くなりになった時。)は市街化区域に土地ができるわけです。そこより優先的に調整区域を許可するわけにはいかない。家を継ぐのは誰か?と聞いてきているわけですね。




4,本家が市街化区域に土地を持っていないか。


元をたどれば本家の祖父から親父への相続です。本家が市街化区域に土地を持っていれば、そこを融通してもらってはどうか?ということだそうです。




色々あるようですが、大きなところはこんなトコロだそうです。


1,2,3は必要な条件ですが、4を問われることは無いかもしれないそうです。実際本家にそんな交渉できませんし、本家も必要な土地であるはずです。


1は他に土地は無いので大丈夫として、2も実家との直線距離は300mほど。なんとかなりそうな距離だそうです。


問題は3。


自分は末の次男なんですが、長兄は市街化区域に家を建ててます

後継ぎは?と言われた時にマズイんですね。


じゃぁ従兄弟は?という話になるようですが、そんなこと頼める従兄弟はいません。


将来、その従兄弟が同じような問題になった時、書類上この土地を継ぐことになってるからダメ~。と言われてしまう可能性があります。


分かり難いかもしれませんがこんなケースもあるようです。



3人の兄弟が全員調整区域に家を建てたいと思ってる場合


まず、長兄が家を建てるために、実家は次男が後を継ぐと言う話にして家を建てました。

その次男がまた三男が後を継ぐという話にして、家を建てます。

三男は実家を継ぐことになってるので、三男は調整区域に家を建てられませんでした。


というケースがあるようです。


基本的に兄弟の数-1しか調整区域に家は建たないということです。



その打ち合わせ結果を元に、親に相談すると、意外な展開になっていきます。

ぽちっとするか【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )
             
押してくれると励みになります(^^ゞ