HEMSで発見!電圧抑制かかっていませんか?

こんばんは、はっちです^^♪

しばらく更新が滞っておりましてすみませんm(_ _ )m




風邪引いてました:゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)ぶぇっくしょぃ


自分の風邪パターンは大抵決まっておりまして、


幼稚園で娘が風邪を拾ってくるところから始まり。


(。>0<。)ゲホゲホ


はっち(´・ω・`)やばい・・・


(_ _。)ぐったり


はっち| 壁 |д・)大丈夫?


\(^_^)/ケロリン


はっち(x_x;)きた・・・


はっちm(_ _ )mぐったり



治癒力の差に大きな若さを感じます!\(^_^)/




さて、ようやく良くなってきましたところ、ε=(。・д・。)ケホケホ


ちゃぁぱさんの記事(我が家の電圧抑制は対応不可?)を見まして、(お名前失礼します、迷惑でしたら言って下さいねm(_ _ )m)


今回は、太陽光発電設備の懸念事項の一つである、


「電圧抑制」について書いてみようと思います。


久しぶりにブログタイトルのテーマね( ̄▽+ ̄*)


さて、この電圧抑制ですが、


実際に、我が家にも起こってしまいます。


それも、太陽が登って降りるまで断続的ですがずっと。


解決されることのない問題に頭を悩ませています。


我が家はカーポートも含めて18.2kWの太陽光発電設備を積んでいます。


入居当初(3月)帰ってきては発電量のチェックをしていたのですが、何やらグラフにおかしな凹みが。









上の図になるようなのが理想の波形だと思うのですが、現状は下のようになっています。


そして、引っ越しをして、初めての休みの日に、太陽光発電量をチェックしてみると。。。



「電圧抑制のため、発電量を抑制しています。」



との文字が。



なんだなんだと、見ていると、時々解除される模様。



でもすぐに抑制がかかる様子。



HEMSを覗いていると、抑制履歴を見ることができることを発見。



どうなっているのか~と見てみてると。



ずらーっ抑制履歴。



その数なんと。




一日約100件(我が家はパワコン2台)



( ̄□ ̄;)ナニコレ、抑制かかりまくり。。。



このままでは、夢発電が、まさにのようになってしまい、




発電払いできなくなった一条工務店から、太陽光付きの屋根を取り上げられ、


水色のブルーシートで防水されたなんともみずぼらしい、b-smartになるに違いありません。





実際には屋根だけ取り上げられることはありません^^


きっと家を取り上げられるんでしょうね(汗)




ブログで電圧抑制のことは知っていましたが、我が家もそれに該当するとは思っていませんでした。



とにもかくにも、このままでは見込みの発電払いが、難航する可能性もあります。



何はともあれ、監督さんに連絡したら、電力会社に問い合わせてください~ということでしたのですが、



一小市民大手電力会社に問い合わせて対応してくれるんかい。


なんて思って電話したら・・・対応してくれました^^




当初は一条工務店が対応していたみたいですが、どうにも数が多くなりすぎて、電力会社側に何を言っても中々対応してくれないとか。



消費者として話をすると対応を考えるみたいですね。





ただ、対応すると言っても。まずは原因調査からです。


通常、家の電線には100Vの電圧がかかっていますが、きっちり100Vではありません。



一般家庭で使われている電気は「波」であり、その波は高いところ、低いところで差が出てしまいます。



そのため、




電気事業法によって95V~107Vで運用しなければいけない。




と定められています。




通常、電力会社より、この範囲内で電気が流れてくるのですが、そこに太陽光発電の電気が流れることによって、 電圧が上がることがあります。




電力会社としては95V~107Vで送っているにもかかわらず、


太陽光発電の売電によって電圧が上がってしまうことは、 電気事業法違反になってしまいます。


ですので、陽光発電側で発電量を抑制して電圧上昇を抑えているんですね。



太陽光発電をしている我が家も発電所ですので、この規定を守らなければいけません。



守らないとどうなるか?なのですが、



周辺の住宅の電圧が上昇し、電化製品の寿命が短くなってしまう可能性があります。



最近は無くなりましたが、フィラメントを使っている白熱球などは、寿命がかなり縮まります。



ノートパソコンのACアダプタに100V-240Vなどという表記があるのを見たことあるでしょうか。



使用電圧が100V~240Vまでは大丈夫ですよ~という表記ですね。



ノートPCの場合、海外に持っていくことも想定されているのか、広い範囲での電圧の仕様になっています。



海外はコンセントプラグの形が違いますので、ノートPCのアダプタからコンセントまでが外れるようになっていると思います。



ここだけ繋ぎかえてやることで、海外での使用が可能になります。




余談でしたが、ノートパソコンは多少電圧が上がっても問題なさそうですね^^


ただ、上で、電化製品の寿命が短くなるかも?

と書きましたが、JIS規格で110Vまでは安全に動作するように設定されてますので、ほとんど問題ないと考えています。


(電圧は水圧と同じような考え方で、強ければ強いほど周りが壊れやすくなります。影響が無いと言われていますが、100%言い切れるわけではなく、保証期間内に問題が出る範囲ではない。ということなんだだと思います)



ふ~ん、なるほど~、法律違反になるんじゃしょうがないよね~


なっとくなっとく(ノ´▽`)ノ






なんてことにはなりませんよね?






だって夢発電なんですもの。



電圧抑制がかかることによって、支払不能になってしまっては困ります。


ちなみに我が家では、



午前7時~午後15時まで、ほぼずっと電圧抑制がかかっています。

  ( ̄_ ̄ i)日が昇った時点で抑制されてる。




抑制後の発電量は、搭載量の5~6割運転。



一条工務店の発電払いは、シミュレーション値の8割程度だったかな。



足りないじゃん!



※すみません、現時点では足りてました。シミュレーションそのものも厳しい値を用いてますね。



上記したように、太陽光発電を設置することによっての電圧上昇であれば、施主側で何かしなければなりません。




ただ、


元々の電圧が95V~107Vの規定に収まっていなかった場合は電力会社側で対応することになります。



多少お金がかかっても、電圧抑制対策をすることによって、売電量が増えるのであれば、それはお願いしたいところです。



どうなるかは、まず調査することでわかるようですね。



電圧抑制状況を確認するために、色々と計器を取り付けて、計測してくれるようです。




この電圧抑制ですが、気づいていない方も結構いらっしゃるようですね。


HEMSは結構見やすく表示されますが、壁付けモニタは見ようとしないと見れないのだとか。


一度調べてみてはどうでしょうか^^





まずは、計測です。


それ次第で、対応が変わりそうです。



今回はこのへんで~


それでは~(^-^)ノ~~




おすすめトラコミュ一覧

一条工務店 間取り紹介 Web内覧会 展示場紹介 一条工務店を
選んだ理由
建築工事実況中! 追加オプション 照明・電気配線 土地探し 一条工務店
Webカタログ
夢発電 床暖房 住み心地 フロアコーティング with KIDS
一条ルール お金の不安 外構紹介 収納術紹介 メンテナンス
インテリア
カーテンと家具編
インテリア
小物編
動画で見る
一条工務店
火災保険

一件一件対応するのは大変そうですね(・_・;)


押して頂けると励みになります(^^ゞ 

コメント

  1. Naoto より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ソーラーカーポートいいですね!
    ソーラーカーポートがある場合はソーラーカーポート分のパワコンがあると思ってたんですけど違うんですね^^;
    我が家は比較的トランスから近いし発電量も少ないので問題ないと思いますが、電圧抑制で発電払いできないと昼間なのに買電だけで売電なしなんてこともあるんですかね(´・ω・`)

  2. スペシア より:

    SECRET: 0
    PASS:
    スペシアです。
    もしそのグラフがおっしゃる通りなら、かなりの抑制になっていそうですね。
    スペシアの想像では、そこまでの抑制は起こらないと思っていました。
    我が家も4月は毎日2時間分くらい抑制が掛っていましたが、今は殆ど起こらないように対処して貰っています。
    ただ、我が家の場合は同じ引き込み線上に他の家が無いので簡単でしたが、状況が複雑になると、どうなるか判りません。
    電圧を変えれば対処になると判っていても、どうしてなのか、どれだけ上げたら良いか、判ってやっている人は少ないようです。

  3. おすし より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは
    はっちさん
    電圧抑制は悩ましい問題ですね。
    うちも全量買い取りですが、余りに電圧抑制がかかると、余剰買い取りのほうがよいのかも?って気が一瞬でもしてしまいそうです。

  4. スナフキン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    スナフキンです。
    電圧抑制イヤですよね。
    思いっきり生活設計が狂いますもんね。
    当家はある情報筋から「今の電力会社の姿勢はトランス代金を請求するより、電圧抑制が掛かる事を納得してもらう。」方針に変わったと聞きました。
    なので現在、どの太陽光発電のメーカー・パネル・パターンが一番良いのか模索中です。特に当地は日照時間も短い地域なので・・・
    解決策が見つかったらまた報告をお待ちしております。

  5. ちゃぁぱ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは ちゃあぱです
    1日100件ですか!信じられません・・・・
    我が家がかわいく思えてきました、何か良い対策無いですかねえ・・・
    ところでパワコンのモニターでは30件しか見れませんが、HEMSでは抑制の履歴が100件以上見れるって事でしょうか?

  6. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    おぉ~さすがNaotoさん、
    かなり知っていらっしゃいますね^^
    電圧抑制は、どうやらかかることで売電量を減らし、電圧を下げているようです。
    かかると5~6割ぐらいの運転になるみたいです。
    余った分を電池に充電したいな~なんて思い始めてます(TT)

  7. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    スペシアさんもかなり調べられているようですね^^
    我が家は、どれぐらい電圧抑制がかかっているのか、件数が多すぎて、計算する気になれませんでした^^;
    昼間はずっと電圧抑制の表示が出ているので、おそらく、2台のパワコンの内、どちらかは常に抑制がかかっている状態なのだと思います。
    3月から現在まで色々なことをしています。
    今回の敵(電圧抑制)はかなり手強そうです。

  8. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    確かにそうなんですよね。
    発電した電気を半分ぐらい捨てていることになるので、それなら、余剰に変更したほうが良いのでは?
    と思ったことがあります。
    これにも色々と障害がありました(汗)
    実際にやろうとはしていませんが、やった場合にどれだけ効果が出るか・・・
    また記事にしていきたいと思います^^
    少々小難しい記事になりますが、良ければ見て下さい^^

  9. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    おぉ!
    そうなんですか!
    確かに、最初に、電圧抑制は故障じゃありません。
    みたいな説明書きを頂きました。
    ただ、仰るとおり生計に関わりますので、
    はいそうですか。
    とはなり難いですよね。
    我が家は結構、抑制条件は悪いようです。
    その中で最大限努力して、出来る限りの抑制が発生しないようにしていこうと考えています^^
    もったいないですもんね^^

  10. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    HEMSですと、かなりの履歴が見れます^^
    ただ、200件ぐらいでしょうか・・・
    ちゃぁぱさんの記事を見て、自分も抑制時間を計算してみようかと思ったのですが、一番発生していた5月のデータはとっくに無く(汗)
    こんな梅雨の季節でも5日ぐらいで履歴が消えていきます。
    なんとかならないものかと、色々調べたりしています^^