どんな対策ができるの?提示された電圧抑制対策案

こんばんは、はっちです^^♪



前回の記事で、電圧抑制がかかり易いケースを紹介しましたが、我が家の場合、


1,住宅の少ない地域


2,全量売電制度を利用している


3,同一配電線内に工場地帯がある


の3つに該当します。


周りは田んぼ畑なのに、少し行くと住宅街&工場・・・( ̄_ ̄ i)


まず、我が家の状況の説明です。


家から最寄りの電柱の上のトランスまでの距離が50mほどあります。


この間に他の家庭はありません。


そして、電力会社の配電線の電圧測定の結果、


通常時(太陽光発電設備が動いていない時)には101V±6Vを超えていない。

結果、電力会社としては、電気事業法の範囲内である


ということがわかっています。


では、太陽光発電設備が動いているとどうなるか、ということですが、


家庭内の電圧で107Vを超えて電圧が上昇しています


ただ、これは、


太陽光発電設備による電圧上昇であることが明確なので、電力会社としては何も出来ない。


というスタンスのようです。



何も出来ないと言われて、引き下がることはできず、せっかく電力のプロですので、どうすれば良いのか?


ということを、幾つか対策案を聞いてみましたヘ(゚∀゚*)ノ転んでもただでは起きない




1,配電線路を太くする。


電柱から引き込まれている電線を太くすれば良いようです。


電気は水と同じように考えられる点があり、水の通り道(電線)を太くしてやることで、たくさん水を流せるようになり(電流)、水路にかかる力のロス(電圧降下)が抑えられる。


ような考え方です。


そうすることで、電圧抑制がかかりにくくなります。



2,家により近い位置にトランスを増設する。


電柱の上にあるトランスという変換器までの距離を短くするということですが。


長い距離を水で押し出すよりも、短い距離を押し出してやったほうが水圧のロス(電圧降下)は低くてすみます。


低く抑えられれば電圧が高くなりすぎず、電圧抑制がかかりにくくなります。

ただ、


これですが、


巷によく聞く、


大容量太陽光発電を載せた場合、電力会社から高額な請求が来るかもしれない。


と言われている工事と同じ工事内容です。


費用は40万円だとか、そんな話を聞いたりもしています。


3,配電線路を2条にする。



売電と買電の線路を独立させます。



これは、規制点という、101V±6Vがどこの点で制限されるか?


ということから発せられています。


ちょっと説明しますと・・・

全量売電の場合




家のものすごく近くの点で101V±6Vの規制点ができてしまいます。

この場合、トランスまでの距離があり、そこに到達する頃には107Vに上げた電圧が105V程度まで下がってしまいます。

本来ならもっと高い電圧でじゃんじゃん売電したいところなのですが、

パワコンが売電しようと電圧を高くする。

規制点での電圧が高くなる。

パワコンが電圧抑制をする。

と言った状況で規制がかかります。

まさに、今の我が家の現状がこのとおりです。

そして、対策として2条にした場合





家の近くではなく、トランスに101V±6Vの規制点が設定されるそうです。

そうすることでパワコンの整定電圧を110V程度まで上げ、より売電をしやすくすることができます。




全量売電なのですが、2条に線路を作ってやることで、より売りやすくなるようです。


あらかじめお詫びo(_ _*)o

読みなおしてみると、解釈に曖昧な点が出てきてしまってます。

間違っている可能性もありますので、すべてを鵜呑みにせず確認よろしくお願いしますm(_ _ )m


4、送電電圧を少し下げてもらう。


送ってくる電圧を下げてもらって、売電をしやすくするという全てを解決するアッパレな方法なのですが。\(^_^)/あっぱれ


これは非常に大掛かりです。


我が家のために、同一配電線路上にある全ての電圧を下げる。


ということになります。


前回記事にしましたが(太陽光発電)電圧抑制がかかりやすい地域、電圧を下げるということは、機器が正常に動作しないリスクを電力会社が負うことになります。


もちろんどこまで安全に電圧が下げられるかを調査しての判断だと思いますが、


恐らくかなり広範囲に影響をおよぼすものと考えられます。

(*´Д`)=з最終手段。。。

我家の場合。


当初、3の配電線2条にするという方法を選択していました。( ̄ー ̄)当初?

直接パワコンの電圧を上げられ、一番効果がありそうな方法でした。



ただ、中部電力、一条工務店とも話をして、この方向で進めるといった時に、



 

 

この計画に重大な欠点が見つかりました。


ちょっと休憩^^

疑問、質問はコメント、もしくはメッセージで~^^



おすすめトラコミュ一覧

一条工務店 間取り紹介 Web内覧会 展示場紹介 一条工務店を
選んだ理由
建築工事実況中! 追加オプション 照明・電気配線 土地探し 一条工務店
Webカタログ
夢発電 床暖房 住み心地 フロアコーティング with KIDS
一条ルール お金の不安 外構紹介 収納術紹介 メンテナンス
インテリア
カーテンと家具編
インテリア
小物編
動画で見る
一条工務店
火災保険

続きはなるべく早く書きたい(・_・;)


押して頂けると励みになります(^^ゞ 

コメント

  1. ちゃぁぱ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ちゃあぱです
    そこまでするならトランスまでの送電線を太くした方が良い対策なような気がします。
    また対策が決まったら上げてください(*^ー^)ノ

  2. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    実は線を太くするのは効果的なのですが、配電線路を2条にするのとセットでなければ効果が薄いんです。
    そして、できれば配線を太くもしたかった計画が、頓挫してしまいます。
    建物が出来てからだと、動きにくくてたまりません。
    できれば、こういう検討は設計中に行いたいです。