標準の立水栓をDIYで改造しよう(失敗編)おまけ回

こんばんは、はっちです^^♪

前回まででシリーズ完結のはずでしたが。

作っている途中でも出てきましたが、やはり使っているとわかって来るものもあります。

失敗点。

少しだけ紹介したいと思います^^;(汗)

 
sponcered link

立水栓DIY 4つの失敗点

1,突き出した蛇口の長さが足りなかった。

少しわかりにくいので、まず写真から。

立水栓DIY パン 分岐

ぱっと見はわかりにくいのですが、

立水栓DIY 蛇口

取り付けた蛇口とレンガの距離が少なく、蛇口を回すと、手がレンガに擦れそうです。

給水管を延ばした時に、蛇口をぴったりレンガの表面に合わせたはずなのですが、出来上がったらこんな感じでした。

蛇口の形がハンドルの間に手をいれるタイプなので、問題なく回せますが、油断して外側を持つと、レンガにあたってしまいます。

管の差し込みしろをちゃんと見て、寸法を気をつけていればよかったかなと思います。

水勾配が、ちょっと足りなかった。

最終的になんちゃってジュラストーン化したのですが、

一部水勾配が足りず、水が溜まってしまう箇所が出来てしまいました。

モルタルで目地を埋めている時に気がついたので、溝を掘って対応したのですが、それでもまだ少し溜まってしまいました。

レンガ目地が、がたがた。

今回、レンガを削って配管ルートを作ったのですが、作りが甘く、高さの調整が配管ありきの調整になってしまい、

かなり目地が開いているところがあったり、逆に、ほぼ目地が無かったりと、結構痛々しい様子になっています。

もう、これは近くで見てはいけません。

写真も載せられません(コラ)

立水栓DIY パン 分岐

こういう写真は、わかりにくいのですが、どれも正面から写真を撮っていない理由はその辺りにあったりします(;^ω^)

裏側が適当すぎて、なんだか崩れそう(汗)

立水栓DIY レンガ積み

この縦に積んだレンガ。

モルタルでなんとか張り付いているだけ。

そのモルタルも適当に塗りつけただけで、目地だなんだと気にせずやってしまいました。

場所が狭いのでしょうがない。と思って作ってしまいましたが、もう少しなんとかしたかった。

おまけ回の最後に。断水前にこんなもの用意していました。

何事にも1回やってみないと分からないことって多いですね。

気がついたら、まずい!となってしまうことが多かったです。

断水の際、短時間で蛇口や、配管が繋げなかった場合を考えて、こんな蓋も購入していました。

高いものではないので、買っておいてもいいかなぐらいですね。

実際に水が通っていた管を切断して、接続して、漏れないかどうかは、やってみないとわかりませんし、練習なんてしたこと無いので、何度も手順を確認しました。

それでもやっぱり不安なんですよね。

水、電気、ガス。

水ってほとんど断水することないですよね。

そんな非日常を自分で作ろうとすることがなんだか不安でしたね^^

そんなことで、今回のおまけ回でしたが、一条工務店で用意してもらった立水栓は全て、加工してしまいました。

おかげで、今までかなり触りにくかったモルタルを使ってDIYすることができました。

また何か作ったり補修したりしたいですね。

BBQコンロとか面白いかも。

頻度のことを考えると割高になりそうです。

耐火レンガとか必要なのかな。

また色々考えていきたいと思います~^^

では~m(__)m

立水栓DIYその3のまとめ

標準の立水栓をDIYで改造しよう!3-1@初心者DIY

「3-2排水管カット」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「3-3レンガ積み編」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「3-4給水管分岐編」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「3-5蛇口、配管を接着編」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「3-6断水編」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「レンガ加工編3-7」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「裏側のレンガ積み編3-8」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「パン作成編3-9」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「なんちゃってジュラストーン?編3-10」標準の立水栓をDIYで改造しよう!

「DIYにかかった費用は?編3-11(最終回)」標準の立水栓をDIYで改造しよう!(このページ)

標準の立水栓をDIYで改造しよう(失敗編)おまけ回(このページ)

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ