実際の太陽光発電の発電量とシミュレーションから、赤字になっていないか検証してみる。

こんばんは、はっちです^^

東海地方は梅雨に入り、あまり太陽光発電の状態が芳しくありませんが、電圧抑制こそあれども、そこそこ発電してくれているので助かっています。

 

さて、平成27年度も終わって3ヶ月(遅っ)

太陽光発電のデータが揃いましたのでレポートしてみたいと思います。

今回の主点は。

・太陽光発電の実績と、株式会社一条工務店のシミュレーション値の違い。

・光熱費、支払いと、売電価格の比較。

です。

ちなみに前期分はコチラ。

https://ismart-diy.com/post-5743/

2015年度後期(10月~3月) 一条工務店太陽光発電設備の発電量

太陽光発電のスペック

・容量:18.2kW(カーポート含む)

・方角:南向き

・角度:屋根は3.5寸屋根、カーポートは1.5寸屋根

・遮蔽物:近くの電柱ぐらい。

 

・太陽光発電の実績と、株式会社一条工務店のシミュレーション値の比較。

まずは、実際の発電量とシミュレーションをグラフで表示します。

縦軸はその月の売電総量[kWh]、横軸は月(10月~3月)です。

 

 

月の単位は1日~31日の範囲です。

全体的にシミュレーション値を上まってくれました。(^O^)/

特に10月はシミュレーション値の150%。

よく晴れてくれたようです。

逆に低くても、11月の108%。

月毎の差異はあれども、全てにおいて100%を超えています。

後期全体ではシミュレーション比126%という好ポイントを記録しています。

 

・売電と光熱費、発電払いとを比較してみる。

発電量の比較と、光熱費、そして月々の夢発電(太陽光設置ローン)の支払いについて見ていきたいと思います。

我が家の太陽光発電容量だと、光熱費分は全て支払いが可能です。

ですが、そのために必要な容量と比例して大きくなるのが、太陽光発電ローン(夢発電)

これを含めて比較してみたいと思います。

そして、それを表したグラフがこちら。

 

縦軸が(円)。横軸が計測期間です。

 

後期(10月~3月)で見てみると、約25,000円ほどマイナスになってしまいます。

やはり発電量の少なくなる冬、床暖房で電気を使うことによる電気代が高くなるので、お財布に多少余裕が必要です。

さらに今年は暖冬でしたので通常であればもう少し大きくなります。

昨年のデータを見てみると、約60,000円の持ち出しになっていました。(´・∀・` )アラマァ

特に雪国の方は、雪で太陽光発電設備が覆われてしまい、発電量はほぼ0になってしまいますので、

これ以上に、というより、比較にならないぐらいの余裕が必要かと思います。

通期についてはまた後日レポートにしたいと思います^^;

2016-03-29 11.50.22

2015年後期太陽光発電結果のまとめ。

2年間のデータを元に見ていると、シミュレーションの値が少し低めかなという気もします。

自分の契約後に、パネルの改善に伴い、シミュレーション値も変更になったと聞いていますので、今のシミュレーションは現状に近くなっているのかもしれません。

それに、このシミュレーションは劣化も含んでいると思われます。

NEDO発表のモジュール劣化率は0.5~1.0%であり、最悪の場合10年間で約9%の出力の低下が見込まれます。

それを踏まえ、一条工務店のシミュレーションの安全率を+10%見ているとしても、後期のシミュレーション比126%という数字の成績は良さそうです。

 

現在のところ2016年度前半は曇りや雨の日が多く、あまり成績がよく無さそうです。

盛り返して欲しい気もしますが、渇水になってしまうのも困りますしね。

今年の夏は暑くなりそうなので、少しずつ節水に心がけていきたいと思います^^

それでは~(^O^)/

コメント