10kW以上の余剰売電は家庭用?事業用?九電の対応の衝撃

10kW以上の余剰売電は家庭用?事業用?九電の対応の衝撃

 

こんばんは、はっちです^^♪


 太陽光発電について、


九州電力の事業用太陽光発電設備の接続を保留する。


という記事にショックを受けざるを得ません。


申請を受理しておいて、やっぱだめ。というのは、申請を受けた段階でわからないものかと思いますが。


世間的にNO!とは言えない風潮だったのでしょうか。

 

途中ではしごを外すような行為はやめてもらいたいですねo(_ _*)o

契約当時、太陽光発電のおすすめ文句として、良く以下の様なことを聞いていました。



全量売電は余剰売電とくらべて、全部売ることができるからオトク!


発電した電気は高値で売れるのに、それを余剰で使ってしまうのはもったいない!


余剰売電は10年間買取固定だけど、全量売電は20年間買取固定だよ!


ということで、半ば盲目的にそのことを信じていたのですが、色々と状況がわかってきました。


今回の九州電力の事業用太陽光発電の接続保留の記事を受けて、色々思い返してみることにします。


なお、自分の解釈が間違っている可能性がありますので、それぞれ気になるところは確認をお願いしますねm(_ _ )m

1,発電した電気は高値で売れるのに、余剰で使ってしまうのはもったいない?


これは各電力会社にもよるのですが、オール電化を選択した場合、2014年4月の値上げにより、昼間の電気代が非常に高くなっています。


中部電力を例に出しますと。(投稿時)


時間帯は


デイタイム 9時~17時

 

@ホームタイム 7時~9時、17時~23時

 

ナイトタイム 23時~翌朝7時

 

それぞれの料金は、


デイタイム 1kWhにつき 35.61円

 

@ホームタイム 1kWhにつき 25.43円

 

ナイトタイム 1kWhにつき 13.45円

 

 

となっています。



太陽光発電の9割はこの一番高い料金帯のデイタイムに発電します。


そして、今年度申請分の売電額は32円です

 


発電した電気(32円)とデイタイムの電気(35.61円)を比較すると



発電した電気を使用したほうが、電力会社から購入する電気を少なくすることができるため、安く済むことがわかりますね。

 


そして更に、全量売電の固定買い取り期間が終了する20年後を考えますと。

 


売電額が幾らになっているかわかりませんが、固定買取期間が終了と同時に恐らく売電額は、ガクンと下がるでしょう。

 


今より安い売電価格で売り、高い買電をすることになり、より顕著な差が出ることになると思います。

 


そうすると、更に、発電した電気を使用して、電力会社から購入する電気を少なくしたほうがオトクということになります。



 

20年経過後の太陽光発電設備がその後、どこまで使用できるか、メンテナンス費用と共に考えないといけないですが、パネル自体は、効率は低下してもずっと発電し続けてくれます。

 


全量売電を選択していた場合、20年後には、安い売電を行いながら、高い電気を電力会社から購入することになってしまいます。

 


だったら自分のところで使いたいよね~。φ(.. )

 


と思うのですが、そうは簡単には行きません。



 

余剰売電と全量売電では配線の系統が違うため、配線のやり直しが必要です。


これは壁を剥がしたり、天井剥がしたり、外壁に穴を空けたりと、あまり現実的ではありません。

 


ですので、


最初に全量売電か?余剰売電か?を選択することは重要な事になります。


 


2,余剰売電は10年間買取固定だけど、全量売電は20年間買取固定だよ?




資源エネルギー庁によると、10kW以上の太陽光発電設備でも余剰売電を選択することは制度上できるようです。


それも20年間固定買取で。


「制度上」と書かせていただいたのは、資源エネルギー庁が「できる」と言っていますが、電力会社が認めないところもあるようです。

 


自分の管轄地である、中部電力では、


10kW未満を家庭用とみなし余剰買取が適応される。

 

10kW以上を事業用とみなし全量買取が適応される。


この2つしか選択できないようです。

 

じゃぁ、ということで、( ̄ー ̄)悪巧み

 


当初、10kW未満の設置容量で余剰売電をしていたが、太陽光発電設備の増設により、10kw以上になった場合はどうかと言うと。

 

余剰売電のまま売電価格は据え置きで、20年間の固定買取となるようです。


さすがに、10kW以上になったから、壁剥がして、配線やり直して、全量売電できるようにしなさい。


とは言えないのでしょうね。




余談ですが、


10kW未満で余剰売電申請をし、補助金をもらって、その後10kW以上に増設しても補助金の返還義務は無いそうですね。


ただし、余剰売電から全量売電に変更すると、家庭用から事業用への扱いの変更となり、補助金の返還義務が発生するそうです。
大掛かりな工事が必要なので、恐らくそんなことする人いないでしょうけど(-。-;)

 


参考HP:資源エネルギー庁
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/faq.html 

 

これを聞いて、


ソーラーカーポートだけ後付で設置できないかな~なんて悪いこと考えるのは私だけでしょうか(悪)

 

こうやって調べていると、家庭用と事業用の違いは余剰売電か、全量売電か。というところにある気がしますね。

 

続けます。(^-^)/


 


3,全量売電は余剰売電とくらべて、全部売ることができるからオトク!?

 

 



売電と買電の単価が近接してきており、オトク度が少ないことは上記しましたが、


我が家のように売電価格38.8円であれば、本当にトクか?


と言われると、トクはトクです。


ですが、思った以上に影響が少ない気がします。


なぜなら。


昼間の使用電気量が少ないから。


です。


一条工務店から出されたパンフレットの例では、基本的に24時間冷暖房をした場合の電気代ですよね。(;´▽`A“検証してませんが多分


実際にそうしている人はどのぐらいの割合になるのかわかりませんが、我が家は今年の夏でも10日~20日ほどしか冷房を付けていません。


8月の電気代の明細が来ましたが、デイタイム(一番高い時間帯)の使用電力割合は全体の15%程度です。

 

この15%が全て太陽光発電で賄ったとすれば、月々100円~200円程度の差が出てきますが、これは全体の1~2%程度にしか過ぎません。


冬場の床暖房はまだあまり経験していないためよくわかりませんが、夏場よりは、この金額差が多少大きくなりそうですね。



ですが、これを見ていると、


余剰売電にしても、全量売電にしてもさほど影響が無かったのではないか。


と思ってしまいます。


むしろ、


電圧抑制が発生して、電気をムダに捨てているぐらいなら、余剰売電にして少しでも我が家に使ったほうが良かった。


ぐらい思っています。


余剰売電を選択することで、電圧抑制は起きにくくなりますしね。


先週の土曜日はついに電圧抑制時間が3時間を超えてきました。


発電カーブが可愛そうなことになっています。


さらに上記した20年後のことも考えると、「10kW以上の余剰売電」を選択することが我が家ではベストだったなと思います。


中部電力ではできない(らしい)ですけどね。(´・ω・`)担当者に確認しています。

 


経済産業省ができるよ。と言っているので、その辺りなんとかならないのかと思いますが。


我が家の場合、建築してしまっているので、最早それは叶わぬ夢ですが、当時を思うと、検討も情報もまったく足りなかったなと思います。


最後に。

 


今回の九州電力の事業用太陽光発電の接続保留の情報は、非常に残念なものと思います。


太陽光発電設備の申請だけして、高い売電額を保持しているだけで建築していない。という事業者の申請が、全体の3/4だとか聞いています。


少し前に、申請だけして放置してある申請を取り消す。という処分が行われているはずです。


それらを整理して、実情はどれぐらいか?


というのを計るための保留だと思いたいですが、元々ザルな制度。


そのツケが見事にかかってきてしまっていますね。


とりさん情報によりますと、北海道では少し前から全量買取を保留しているようです。


一方で、余剰買取であれば、申請はすんなりと行っていたようです。

 

とりさん勝手にすみません。間違ってたらなおさらすみません^^;

 

 

今回の記事は、


全量売電か余剰売電かが事業用か家庭用かの判断の違いであるなら、


 

20年間固定買取の余剰売電を選択するための一助になればと思い、記事にしました。


 

制度上は可能なはずです。

チラリと10kW以上余剰売電をやったという話も聞いたことがあります。



後、


途中、さらっと書きましたが、


例え10kW以上は事業用だ!と言われても、

 

9.9kWで余剰売電契約をして、残りの太陽光設備を建築後の増設扱いにできれば、九州電力でも、設置、接続が出来ますね。

ただの素人考えですので参考程度に^^;

 

変更手続きが大変が増える分煩雑になりますが、なんとかならないものかとも思います。(σ・∀・)σねぇねぇ一条さん。


 


九州電力さん、北海道電力さんには、その辺り、柔軟な対応を頂き、ぜひとも今回の保留の件に関して、迅速な回答をお願いしたいと思います。


長い記事読んで頂きありがとうございますm(_ _ )m


それでは~ヾ( ´ー`)

一条工務店は太陽光発電はこちら→

一条工務店 -夢発電


おすすめトラコミュ一覧

一条工務店間取り紹介Web内覧会展示場紹介一条工務店を
選んだ理由
建築工事実況中!追加オプション照明・電気配線土地探し一条工務店
Webカタログ
夢発電床暖房住み心地フロアコーティングwith KIDS
一条ルールお金の不安外構紹介収納術紹介メンテナンス
インテリア
カーテンと家具編
インテリア
小物編
動画で見る
一条工務店
火災保険

 

そんなことここで言ってもね~なんて言わないで(^▽^;)

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
押して頂けると励みになります(^^ゞ 

コメント

  1. Decose より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日まさに同じようにソーラーカーポート後付けで、10kw以上の余剰売電ができれば最高なのにと考えていたので非常にタイムリーな話題でした。

  2. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    同じ考えだと言う事で嬉しいです^^
    パワーコンディショなは並列運転させることができるので、あらかじめほぼ完成形を用意しておけば、後で接続することはできるだろう。
    と思って記事にしてみました。
    ただ、一条がやってくれるかというのもありますよね。
    早く回答が出て欲しいです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    えぇぇ~(T-T)~っ★
    (・・;)全量から余剰にはそんな障害が!
    えぇぇ~m(__)m~っ★
    です。
    ドーモ家としては、20年後は余剰にすればいいや♪って簡単に。
    めちゃ単純に思ってました★
    うーん。(-_-;)>ポリポリ。
    そうだ☆
    カーポートを20年後に余剰で太陽光しよう。
    って単純に思い付きました。
    んが、余剰と全量。
    両方出来るのだろうか?
    と、新たな疑問が(・・;)
    うーん。20年後に考えよう♪
    (# ̄^ ̄)つ〝おいっ!楽天家!!(((^^;)>

  4. ミント より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、ミントです。
    余剰と全量では配線が違う、の下りで衝撃を受けました。
    言われてみればそうですよね。
    そして同じく10キロ以上でも余剰が選べないかなぁと思っていたので、非常に興味深く拝読しました。
    20年後のソーラーパネル…うーん、どうなっているのでしょう。
    そしてその頃には太陽光発電に関わる制度がどう変わっているのか…。
    今はだれにもわかりませんね(*_*)

  5. コッタ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    我が家はまさに「38.8円で認定を受けている土地」です。
    10kw以上の余剰売電、非常に興味がでてきました。
    営業さんにも打診してみたいと思います♪
    イタチごっこにならなければ良いですが。

  6. ひんべえ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。着工までいろいろ参考にさせていただきました。ありがとうございます。初めて書き込みします。
    私も中電管内です。38円滑り込み組・建築中です。我が家は最初からトランス設置を中電から言われて+12万でした。。。涙
    多分、全量から余剰への切り替えは、経済産業省の方針ではできるようなので、粘り強く交渉すれば大丈夫だと<思い>ますよ。担当者なんて面倒なことは、率先して「はい」と言ってくれる方は少ないですから、根拠を示して粘り強く交渉すれば、、、たぶん固定期間が終わる頃には同様の希望者が殺到することでしょう。その時の制度次第かなぁと思います。設備の元がとれていれば、どちらにせよ赤字にはならないわけで。
    配線の違いに関しては
    http://www.tepco.co.jp/service/custom/koujiten/keiyaku/images/c07-j.pdf
    が参考になると思います。もとの配線ルート次第ですが、太陽光の開閉盤と買電の分電盤が近ければそれほど大掛かりな工事にはならないように思います。
    ただ所詮<思います>なのと(苦笑)、それよりも全ては固定買い取り終了時の制度がどうなっているか、次第ですね。

  7. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    余剰売電と全量売電は制度の上だけでの違いかと思いきや、配線系統まで違うので注意です^^
    ですので、全量売電と余剰売電を一つの家庭に設置することはできません。
    配線系統を2つにすることができれば、可能なのですが、電力会社のルールでそれはできなかったはずです。
    例外として、二世帯住宅のようなものであれば、電力メータが2つになるので可能かもです。
    自分自身まだまだ検討が足りなかったと反省です。

  8. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    20年後の太陽光発電を取り巻く状況は非常に気になりますね。
    地球温暖化に対するCO2削減は、日本は非常に厳しい位置にいます。
    それを踏まえて、再生エネルギーの見直しが行われれ、より重要視されれば。。。
    と思ってはいますが、
    まずは目先のインフラ整備ですよね。
    太陽光発電が「悪」にならないようにしてもらいたいものです^^;

  9. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    そして書き方に配慮が無くてすみませんでした。
    スペシアさんの記事にありましたが、全体の戸建ての影響はほとんど無いだけに、
    「全ての工場に太陽光を載せるように申請しておけ。設置はお金ができたらだ。」
    というような事業者に対しての意味でした。
    失礼しましたm(_ _ )m
    記事にはしましたが、抜け穴を通すような申請を電力会社が受理してくれるかどうかが、わからないですよね。

  10. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして(^∇^)
    コメントありがとうございます^^
    詳しい資料もありがとうございます^^
    我が家の場合どの程度の工事になるのか、目安ができそうです^^
    中部電力の担当者は、10kW余剰売電について、
    「そんなこと聞いたことがない。調べて回答させていただきます。」
    という回答の後、記事のような回答をして頂きました。
    どこまで調べたのかわかりませんが、ちゃんとした申し入れを行えば可能な気もしますね。
    20年後の制度はどうなっているのでしょう。
    経済産業省の有識者会議は財界の重鎮が集まるのでしょうから、事業用を維持しておいて、大企業優遇の波に乗るというのもアリかもしれないですね。
    何にせよ、今後再生エネルギーが軽視されないような対策をしてもらいたいと思います。

  11. ゲンスイ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして!現在9.96kwで42円で買取させてもらってます!資源エネルギー庁に問い合わせしたのですが補助金の返還はないと言ってましたよ!我が家は10年後の売電金額が確定してから増設して余剰のまま20年買取にするか判断したいと思います!10年後がとても気になりますね!

  12. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして(^∇^)
    コメントありがとうございます^^
    確かに、
    まだ確定していない将来に対して、投資をするのはまだ控えたほうが良さそうですね^^
    どういう判断になるのか、非常に気になるところです。
    それにしても、皆さんの行動力はすごいですね^^
    少しは見習わなければと思います^^;

  13. SECRET: 0
    PASS:
    http://www.chuden.co.jp/faq/faq_taiyoko/3204934_7679.html
    気になったので検索してみました。
    どんどん電気代が高くなるだろう!
    という予測もあれば、
    電力自由化で下がる!!
    という意見もありますし、
    どうなんでしょうね??
    とりあえず中電では10KW以上でも余剰ができると思いますよ。一条的にはどういうかわかりませんが、今後買取価格が安くなる一方だから余剰希望の人が多くなると思われますよね。

  14. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして&コメントありがとうございます^^
    まさに中部電力がしっかり回答していますね^^;
    資料ありがとうございます。
    担当者は一体、持ち帰って誰に確認したのかと、問い詰めたくなりますね。
    準じて、記事を少し修正しました^^
    電力自由化による電気料金の変化は注目ですね^^
    送配電線網が分離される数年後に何か変化があるかもですね。
    取り巻く環境も注視していきたいです。

  15. ぼのぼの より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして!
    8月から拝読しています。
    電圧上昇抑制の件 大変参考になりました。
    9月末より設計士さんとの打ち合わせにはいりましたが、
    事前調査をしてもらえないか、
    電力会社に問い合わせをしてもらうことに。
    資源エネルギー庁や中電のQ&Aも
    ピンポイントでここ読んでねと、
    設計士さんにお話しできたことも
    はっちさんの記事のおかげです。
    ありがとうございました。
    一条工務店は10kW以上の余剰は
    システム上?出来ていないそうです。
    当方は全面発電はやめて
    10kWちょっと発電にしようかと
    話し合っています。
    なので片流れではなく
    横から見るとくの字の屋根 かな。
    太陽光発電所ネットワークのレポートも
    参考になりました。
    よろしければ、ご一読ください。
    >太陽光発電の促進・普及の影で 
    です。

  16. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    記事がお役に立てたようで良かったです^^
    電力会社に事前調査が出来るのは安心できますね^^
    大金を借りて、太陽光載せたけれども、接続するまで、ちゃんと売電できるかわらかいのは、一条もぼのぼのさんも辛いですよね。
    それにしても、一条では10kW以上の余剰をしていないというのはちょっと気になりますね。
    仕組みは普通の余剰と変わらないはずなんですが・・・
    太陽光を少なくすることで、屋根の形を色々アレンジできるのはいいですよね^^
    かっこいい屋根の家が羨ましく感じることもあります。
    我が家はほぼ全て片流れなので^^;

  17. ぼのぼの より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >はっちさんへ
    設計段階での事前調査には対応していません
    と、連絡がありました。
    そりゃそうだ。家の大きさも屋根の大きさも
    コンセントの数だって決まっていないのに、、、。
    「電圧上昇値簡易計算書を作成して
     確認してもらう必要がありますね」って?。
    また、判らんことを設計士さんがゆうてくれてます。
    「パワコンと分電盤の距離
    分電盤と電気メーターの距離を短く
    設計したほうが安全ですね。」って。
    そおなんだー。
    ってことで、作戦会議で仕切り直しです。
    13日、がっつりやってきます。

  18. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あらら、やってくれませんでしたか・・・
    既存の電柱の電圧計測するだけでも、目安は出そうなものなのですが・・・。
    電圧上昇簡易計算書なんてものがあるんですね^^
    電力会社が計算する物の簡易版かな?と思います。
    パワコンの位置は拘りがなければ、分電盤との距離を短くすることをオススメです^^
    線路が短くなることで、電圧降下が少なくなり、結果、電圧抑制が起きにくくなります^^
    設計士さんも勉強して頂いているようで、安心できそうですね^^
    がっつりやってきてください(^O^)/

  19. ぼのぼの より:

    SECRET: 0
    PASS:
    前回にもお伝えしました通り、配線やコンセントの数などを決めてからの、
    「電圧上昇値簡易計算書」を作成し再度事前調査を依頼してみる で一旦いまのところは
    とりあえずの 間取りです。
    関電のQ&Aに
    >屋内配線の電圧上昇率が標準の2%を超える時、配線の見直しを推奨します
    ( の中に 簡易計算書 という言葉があった。 忘れてた。汗 )
    ここを とっかかりに なんとか ならないかと 話してみたら、そうしましょうとなりました。
    うわさの  確認書  は まだ出てきませんでした。
    次回かな。
    >システム上、できていない  です。
    設計士さんが言った言葉そのまま。
    はじめてきいたときは、そこには引っかからずにスルーしました。
    2回目の打ち合わせの時は 余剰配線と全量配線の違いを、図面でみせてくださった。
    さらに、全量のほうは分電盤が2つになりますと。
    システム上 出来ていない の丁寧な説明が絶妙な言葉によって 伝えられ。。。 
    今は文字にできません。
    「 うまいこと、言いよったなー」 by 夫。
     そおなんです、設計士さん 若いのにかなりの やり手 だったんです。
    どんどん いいなりに なっていきそう。
    楽しいんですけどね。 

  20. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは^^
    「システム上できていない」という表現は上手いですね^^
    あくまで一条ルールの中で確立していない。ということのようですね。
    電気的には、全量から余剰にすることはできます。
    ただ、配線の仕方が全く変わってくるので、どんなところに影響が出るのかわかっていなのだと思います。
    何より、一条工務店で余剰売電も全量売電もやっているのに、10kW以上になったから全量しかできませんというのはおかしな話ですよね^^
    10kW以上を余剰にするためには、恐らく稟議が必要なのですが、その稟議書に記載する電気図面を設計士さんは書けないのだと思います。
    私の設計士さんは50ぐらいのベテランさんで、電気についても結構知っていたのですが、
    将来用に電気配線の太さ、配線数について標準外のことをしてもらった時の説明は苦労しました。
    ここはもう、一条工務店が10kW以上の余剰をラインナップに入れてくれないことには難しそうです。
    なんとか施主を安心させてもらいたいでsね^^

  21. ぼのぼの より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はっちさん 
    ありがとうございます。
    10年後20年後 電力会社がお家発電を買ってくれなくなった時
    誰に買ってもらおうかなーと考えていて 
    お隣の車 そう 充電できるんです。
    近所の人が 電力会社から買うよりもお家発電の方が安く買えるからってうちに来てくれて
    支払は取れたてのお野菜など現物支給だったり。
    ちょっと 楽しいかも。
    ご近所つきあいで 物々交換がけっこうあるので。