SnapFreshのコードレスインパクトドライバのレビューします。

SnapFresh 20V

今回使用するのは、SnapFresh製のインパクトドライバです。

大型DIYを実施するにはやはりインパクトドライバがあると楽です。

インパクトドライバの利点も含めて紹介できればと思います。

インパクトドライバって何?

インパクトドライバは、ざっくりといえば、強い電動ドライバです。

その力はかなり強力で、通常の電動ドライバが20~40[N・m]というトルクに対して、140[N・m]と3倍以上のトルクを出します。また強いものになると1100[N・m]というものもありますが、お値段もかなりのものです^^

強烈なボルトを締めるようでしょうか・・・

通常は140[N・m]あれば大丈夫かと思います。

この140[N・m]でもガンガン打ち込めば、SUS製のネジ頭をねじ切ってしまうぐらいの力があります。

インパクト ねじ切り

こうなってしまうと、中々取れませんので注意して下さい。

女性におすすめインパクトドライバ

これだけ強いインパクトドライバですが、これを扱うのにとんでもない腕の力が必要・・・

かと思いますが、そうでもないです。

電動ドライバの場合、ねじなどを回す力だけを電動で動かしてくれます。

ですが、ねじを回すのに一番必要な力は押す力です。

なので場合によっては、電動ドライバでも、両手で押し付ける必要がある場合もあります。

インパクトドライバの場合、その押し付ける力も電動で発生させてくれます。

インパクトドライバ特有の、ガン!ガン!という音は、ねじを回すと同時に、ハンマーでたたくように押し付ける音です。

これのおかげで、多少無理な体制で、押し付ける力をかけにくい場所でも、ガンガン打ち込んでくれます。

工具自体は多少重くなりますが、力がいらない分、電動ドライバよりも楽です。

SnapFresh製インパクトドライバ

本題が逸れてしまいました^^;

SnapFresh製のインパクトドライバはお値段的にはお手頃の価格で手に入ります。

トルクも140[N・m]ありますので、ハードウッドでも打ち込める力を持っています。

届いたものはこんな感じです。

SnapFresh インパクトドライバ

 

中を開けると持ち運びできるカバンになっていました。

 

SnapFresh インパクトドライバ

 

中身はこんな感じです。

 

SnapFresh インパクトドライバ

 

箱の色と同じ色ですね。

電池は2.0Ahの20Vです。20Vは結構なパワーです。

 

SnapFresh インパクトドライバ

 

ビットも最初から付属で多くついています。

 

SnapFresh インパクトドライバ

 

色々な種類があるのですが、欲を言えばH2ビットが多くあるといいなと思います。

 

右の方にあるのは、ボルトネジを回すものです。

 

SnapFresh インパクトドライバ

 

中には磁石が入っており、ねじを落としにくい仕組みになっています。

 

SnapFresh インパクトドライバ

 

LEDも付きますので暗い場所でも作業できそうです。

 

SnapFresh インパクトドライバ

 

本体横にねじが付いていましたが、恐らく金具を取り付けて、腰袋などに引っ掛ける用なのかなと思います。細かい配慮ですね。

 

1年保証もついていますので安心して使えそうです。

SnapFresh 20V

 

 

実際に使用してみましたが、十分な力を持っていました。

 

 

電動ドライバがあればいらないかな?と思っていましたが、インパクトドライバは押し付ける力がいらない分かなり楽です。

その分電池の消耗は激しいと思いますので、其の辺りは注意が必要かなと思いますが、電池が他の機器と共有できるため、必要な時は拝借しようかなと思います。

それでは^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました