windows10 64bit対応パーツに8.1は入れられる? 自作PCで行こう。

PC DIY 自作

こんにちは、はっちです^^

ついに自作PCの調子が悪くなったので、新しくパーツを替えようと思ったのですが、最初に躓いたのが、今普通に販売されているPCのパーツはどれもwinodws10 64bit 対応ということ。

手持ちにはwinodows8.1しかないのですが、windows10無料アップデート時に作ったインストールディスクはあるので、なんとかwindows8.1が入れられれば10にできるかも。。。

ということで始まったPCのアップグレード。色々と長い旅路になりました^^;

新しいパソコン導入の注意点(自作DIYPC)

実は今回このパーツの入れ替えをする時点でかなり気になること。

Windows10 64bit 対応。 以上。

そうなんです。新しいパーツは現在使用しているwindows8.1は対象外なんです。

当然windows7も。

購入するネット店舗でも、windows10 64bit のみ対応としっかり書かれてしまっています。

それもどこでも大抵その記述がありました。

基本的に最近のwindowsは下位互換があるので大丈夫だとは思うのですが、それでもここまでしっかり書かれてしまうとかなり心配。

ですが、PCのパーツはパーツ。windows専用のパーツではありません。

なんとかなるだろうと、色々と調べてみることにしました。

 

インストールが途中で止まる?

色々ネットで調べてみたのですが、中々windows10のみに対応するパーツへの8.1のインストール例が見つかりませんでした。

やはりwindows8.1はかなり安定してきているせいか、そのまま使い続けている人が多いみたいですね。一方でサポートの終わりが近くなっているwinwdows7から移行している人は多そうな感じ。

その様子を見ていると、windows7からのアップグレードだと、マザーボードのUSBポートを動かすドライバが10対応なため、マウスもキーボードも動かなくなり、操作不能になってしまうだとか。

解決策はPS2接続。

おぉ、さすがに変換器あるか?と思ってごそごそ探したところ。

あった。

とりあえずこれで解決できそう。

windows10 64bit 対応パーツでも8.1をインストールできたけど。。。

新しいパーツが届き、ドキドキしながらwindows8.1をインストールしてみたところ。

普通にインストールはできました。

UEFIのBIOSでも普通にマウスを使用できましたし、キーボードもそのまま使用しながらwinodows8.1の認証もできました。

 

UEFI BIOS

 

ただし、マザーボードの各所を動かすドライバ、アプリがすべてwindows10用でありwinodws8.1ではインストールすらできませんでした。

 

ハードウェアがサポートされていません

 

これがインストールできないと問題なのがLANが使用できないことでした。

ネットからダウンロードしようにもできないんですよね^^;

それでもSATAやPCI接続も問題ありませんでしたので、そのままwindows10にアップグレードするには問題ありませんが、そのまま使い続けるにはちょっと苦労しそうです。

ちなみに使用したパーツです。費用を押さえた選定になっています^^;

マザーボード

CPU

メモリ

 

windows10にアップグレードする前に

windows10に対応していないアプリ、インストールできないソフトなどはwindows8.1の時にインストールしておくことをおすすめします。

古いタイプのアプリだとwindows10対応していないものはインストールできないものもあります。前もって入れておけばアップデートでそのまま使用することができます。

 

今回のPC更新でwindows8.1を現在売られているwindows10対応のパーツにも導入できることはわかりました。ただ、そのままwindows8.1のまま使い続けるのは少々難しい様子です。

windows10の無料アップグレード時にアップグレードしなかった人でも未だに10にアップグレードできる方法はあるみたいですね。興味のある方は調べてみてもいいかもしれません。

それでは(^o^)

コメント