太陽光発電の電圧抑制もついに最終章?配電線路の電圧調整終了

太陽光発電の電圧抑制もついに最終章?配電線路の電圧調整終了

 

こんばんは、はっちです^^♪

以前から頭を悩ませていた電圧抑制ですが、、夏場の間は比較的収まっていました。

それでもまだ10~20回程度は電圧抑制がかかっていました。(-“-;A許容範囲?

そして、やはり涼しくなってきた秋。

またまた電圧抑制がにょっきりと、そして頻繁に顔を出すようになってきました。(°д°;)そろそろ許容範囲外か


 

土日が頻発するんですよね・・・o(_ _*)o

まずは、電圧抑制についての経緯をちょっとまとめておきます。

HEMSで発見!電圧抑制かかっていませんか?

電圧抑制見つけましたが、電圧抑制って一体何?

(太陽光発電)電圧抑制がかかりやすい地域

建築地の周りがこんな風になってると、電圧抑制がかかる危険があります。

 

どんな対策ができるの?提示された電圧抑制対策案

電圧抑制がかかってしまった。

我が家でできることは?

 

ついに実行!電圧抑制対策(トランス増設)

最有力案が採用できない!次なる手は、トランスの増設。。。

 

電圧抑制とは?

そもそも、電圧抑制ってどうしておこるの?
余剰売電では起こりにくくて、全量売電では起こりやすい理由。


設計時点からできる電圧抑制対策!

設計の段階で考慮しておくことで、いくらかの改善が見込める内容をまとめました。

 

トランス増設。そして次の電圧抑制対策へ

トランス増設後の結果は・・・

ついに乗り出す、最終手段。


どれだけのもったいない電気が発生したのか(電圧抑制)

電圧抑制によって、売電できずに捨てられてしまった電気について試算してみました。
結構な金額が出ました。

 

10kW以上の余剰売電は家庭用?事業用?九電の対応の衝撃

まだ全てではないですが、接続保留が解除されて良かったです。


ついに電力会社ができる対応の最終章です。(多分)


配電線路の電圧調整について簡単に説明しておきます^^

 

電気は、発電所で作られて、変電所、家庭。と言った順に送られてきますが、


最初からコンセントにかかっている100Vで送られてくるわけではありません。


発電所で作られた電気は、50万ボルトとかいう超高圧で送られ、変電所で6600Vまで降圧されます。

ピカチュウって10万ボルトでしたっけ?( ̄ー ̄;

 


その後、電柱のトランス(電柱の付いているバケツのようなもの)で200/100Vまで降圧され、コンセントに供給されます。

 

 

発電所から家庭までの電気の流れ(^-^)/





最初から100Vで送ってくれればいいのに。


と思うかもしれませんが、電圧が低いと、電気のロスが多くなるんですよね。


ですので、山にある水力発電所や、海付近にある火力発電所、原子力発電所では、かなりの高圧にして、なるべく少ないロスで家庭まで届けてくれています。


時々見かけるこんな鉄塔の上の方の電線には、超高圧が流れています。

 



 





逆に、市街地ではあまりこういう鉄塔は見かけませんが、そういう場合は、大抵地下深くを送電されています。


名古屋ですと、名古屋城付近の地下に、大きな施設がありますが、外から見ただけじゃ、ほとんど何もわからないようになっています。

( ̄▽+ ̄*)秘密基地みたいにエレベータの頭だけ出てます


地下深くには、とても大きなトンネルと、その中を通る配線が走っています。

 

それらを通して、毛細血管のように日本全国に電気が送られています。

発電所から送られてくる電気は、各地に送られますが、末端である家庭や工場がどうなっているかによって、かなり状態が変わってきます。


末端に大きな工場があれば、たくさんの電気をON、OFFしますので、電圧が変動しやすいですし、逆に何もなければ、電気は使われず、電圧は他の地域より高くなってしまいます。


それぞれの地域ごとの状況を踏まえて、電気事業法で定められている101V±6Vの範囲に収まるように調整が必要になるわけで、


そのため、変電所や、電柱に取り付けられているSVRという物を用いて電圧を調整し、適切な電圧で送電するような仕組みになっています。


今回は、そのSVRを調整していただくことになりました。

 

各所の電圧を測定し、どの当たりまでなら安全に電圧を下げられるかどうか、もしくは上げなければいけないかを、再調査するようです。

そして、各所を計測、調整してもらった結果、


 

約0.5V下げることが出来たそうです。

 


100V中0.5V?たった?( ̄□ ̄;)


と思うかもしれませんが、電気は水と同じような考え方ができ、圧力が低ければ、それだけ電気を売りやすくなります。

 

ほんの少しでも、改善に向けて進みました。


この結果。

 


今まで11.8kWぐらいで抑制がかかっていたのが、


12~13kWまで抑制がかからずに売電できるようになりました^^


それ以上になると、また11kW前後に抑制がかかってしまうのですが、ベースが上がったことは素直に嬉しいです^^


前回のトランス増設と併せ技ですね。


ようやく効果が出てきたことで、あとすこし!という感じもしています。


我が家の太陽光発電は18.2kWですが、その8割である14kW~15kW程度まで行ってくれると、満足なんですが、中々あと一歩で止まってしまっています。

 



もうこれでできることはないの?


後、残すところ、電線の2条化が最後に残された手段ですが、


これには。


2条化すると中継ポールにかかる荷重が保たない。


という問題があります。

 

ただ、


本当に保たないかどうかわからないんですよね。


監督さんと電気屋さんと自分とで話をしていた時に、


電気屋さん「もしかしたら2条にすると保たないかもな~」


程度の話でした。


電気屋さん「10年、20年経つと、もしかすると傾いてくるかもな~」

 

かも、かも、と続き、はっきりとした答えはありませんでした。


後から調べると言っていましたが、連絡はありません。


この辺りちょっとはっきりして欲しいところですね。

 



どうにも、電気屋さんの言うことを真に受けすぎている気がします。


しっかり調べていただきたいところですo(_ _*)o

 



電圧抑制の状態としてはとりあえずはこのまま様子を見ようと思います。


ただ、一年経過して、今までの改善がどのぐらい差として出てくるのかによって、今回の電線の2条化や、また別の方法について考えていく必要があるかなと思います。


そのためにも、中継ポールの強度は計算してもらいたいですね。

 

また、どれぐらいの改善になったかなど、データが揃い次第、色々調べてみたいと思いますo(^▽^)o

今回の対応を持って、電力会社として、これ以上できることは無いそうです。


ですが、色々相談に乗って頂き、対応していただいたことは感謝感謝ですm(_ _ )m


ただ、まだ抑制が解消されてはいませんので、何らかの方策を取って行きたいところですが、


接続保留によって始まった、経済産業省の回答もありますので、その辺りの様子を伺いながら、今後の対応を考えていきたいと思います^^


では、このへんで~それでは~ヾ( ´ー`)


おすすめトラコミュ一覧

一条工務店間取り紹介Web内覧会展示場紹介一条工務店を
選んだ理由
建築工事実況中!追加オプション照明・電気配線土地探し一条工務店
Webカタログ
夢発電床暖房住み心地フロアコーティングwith KIDS
一条ルールお金の不安外構紹介収納術紹介メンテナンス
インテリア
カーテンと家具編
インテリア
小物編
動画で見る
一条工務店
火災保険

大掛かりな工事が必要になるのだろうか・・・o(_ _*)o

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
押して頂けると励みになります(^^ゞ 

コメント

  1. コッタ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なるほど、漠然としかわかっていなかった「電圧抑制」を素人にもわかるように噛み砕いて説明していただきありがとうございます♪
    我が家は新興住宅地で周りも大容量っぽいので抑制は必至ですね。
    これを聞くと18.45kwにしなくて良かったかなと思います。
    一条だけに二条はダメって事ですね。

  2. ぼのぼの より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >はっちさん
    気持ちがずいぶんすっきり しました。
    ありがとうございます!
    設計士さんにお願いしていることが、そんなにとんちんかんでないようで、ほっ。 です。
    発電の地産地消、需給バランス、人口減少、( この15年間で千人減)
    近隣にメガソーラーがやってきらた、反対運動せなあかんのか?
    なんだか、しんどいことを考えて うぐぐーってなっていました。
    この投資にいくらなら出せるのか も 一つの基準になりますよね。
    予定通り発電が、買われないときのことも少しは考えて。
    すこし気になるのは 10kW未満は余剰 という最初の設定。
    なんで、12kWとか15kW未満でなかったのかな? ( 一条的にではなくてね。)
    10年後20年後この発電を買ってくれなくなった時、何に使う?どう使う?
    電気自動車を買っているかな?
    蓄電池が今よりもずっと 手に入れやすくなってる?
    お家の消費分が100% お屋根発電で賄えたらいい感じかな。晴れの日限定だけど。
    そう考えたら、すこしワクワクしてきました。

  3. らがちん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も電圧抑制に悩まされている一人です。
    そこで少し調べてみました。
    電圧抑制がかかるのが、近所の発電が系統に接続した時
    後は昼休みの時間、工場が機械を止めた時などが考えられます。
    始めの対策は三相ある高圧電線に乗っている負荷と発電の均平化です。片寄っている場合が多いようです。
    二つ目の対策は、変電所側で電圧調整しているので、こまめな調整を依頼することです、変電所にあるデカイ変圧器は、77kVを6600Vに降圧していて、約60V間隔で21のタップで24時間目標電圧決めて自動運転しています。
    時間がずれたりしていないか、昼休みの時間低めの運転しているか確認する必要があります。
    このことは電力会社でも詳しく知っている人が少ないと思いますので、優しく対応してあげて下さい。

  4. おすし より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はっちさん
    こんばんは
    スゴい情報量ですね!
    そして電圧抑制もあと一息で完全解決しそうですね、
    はっちさんのおかけで、だいぶ売電の仕組み理解できました。ありがとうございます。

  5. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    住宅地の電圧抑制は本当に困った問題になるそうですね。
    電圧抑制がかかったのは誰のせいだ!
    なんて住み始めた当初からあっては、ご近所付き合いも困ります。
    全員で理解して対策しないとですよね。
    できれば電圧抑制が起きないでいてほしいです^^
    二条化がバツの理由はそんなところにありましたか・・・
    京都の二条城あたりにお願いしに行く必要がありそうですね・・・

  6. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    投資だとわかっていても、国の施策を信用できなくなってしまうことはやめてもらいたいですよね。
    近畿などの大都市は地消分が非常に大きいので、しばらくは大丈夫そうですね。
    ただ、経済産業省の見解に右習えになる可能性もあるので、注意したいところです。
    10kWの設定は、以前の太陽光では、普通の家庭の屋根に10kWも載らないよね。
    載るぐらい大きな屋根があるところは事業所だね。
    という基準だったと聞いています。(間違ってたらすみません^^;)
    10年20年後の売電状況は注視していかないとですね。
    如何にして上手く発電した電気を利用するか。
    固定買い取り期間終了まで色々楽しめそうですねw

  7. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    らがちんさんも抑制がかかってしまっているのですね・・・
    三相の選択はトランスを増設する際に調べてもらい、電圧の低い所で接続してもらいました^^
    ただ、元々あまり差が無かったらしく、0.数ボルトの改善にとどまってしまったようです。
    変電所のタップは自動選択なんてものがあるんですね。
    どんな仕組みになっているのか興味があります。
    そういうものがあるということは、やはり、末端の工場などで力率が悪くなったり、大容量機器の使用による電圧の低下など、様々な要因があるんだなと思います。
    電圧は、電気事業法の範囲内で、高ければ問題の無かった時代から、高くても問題が出てくるようになった結果、色々な所で調整の余地がありそうだと思いました^^

  8. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    中々書き始めると、どこまで書いて良いのやら、と葛藤しながら記事にしています^^;
    抑制解消まであと一息。
    ですが、この後の決めてが中々見つからないんです^^;
    隣に家が立ったり、昼間に沢山で気を使うようなスーパーなどができると便利でいいんですけどね^^
    ホームセンターとか別の意味で大歓迎です(笑)

  9. スペシア より:

    SECRET: 0
    PASS:
    スペシアです。
    少しでも改善出来て良かったですね。
    今回の回答保留の件も含めて、最初の予定通りに売電が出来なかったり、大きな追加費用が発生する方がおられますようですね。
    あまり周知されていないようなのですが、意外に多く居らっしゃるのかもしれないですね。
    事前に対策が取れないのも悩ましいです。

  10. はっち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます^^
    回答保留の件は、予定していた方にとって大きな打撃ですよね。
    太陽光はリスクを伴うとういのはわかってはいるのですが、天災ならともかく、今回の人災のようなもの(と勝手に解釈)では納得しにくいですよね。
    抑制は、事前の対策や調査がハウスメーカー側でできれば、多少は設計に反映できるかもですね。
    ただ、お金かかりますと言われると、かかるかどうかわからない抑制にお金をかけるかどうか微妙なところです。