「 i-smartの住み心地 」一覧

 

高気密高断熱住宅のi-smartの省エネ性、住み心地を紹介しています。
家が広くなりましたが、光熱水費は以前の住宅と同等です(^O^)/

無線LAN電波が届かない!を解決するWi-Fi中継器を使ってみた。

無線LAN電波が届かない!を解決するWi-Fi中継器を使ってみた。

こんにちは、はっちです(^o^)♪ 一条工務店の床暖房に限らず床暖房を使用する場合、室内に効率よく暖気を送るため、反射材となる材料が敷かれることが多いようです。 一条工務店の場合は合板の上にアルミが施工されています。 ただ、このアルミがwi-fiのような無線電波を遮蔽してしまうようです。

床暖房のONの時期は?電気代は?我が家の基準は室温20℃

床暖房のONの時期は?電気代は?我が家の基準は室温20℃

床暖房をONにするのって結構勇気いりますよね。 夏の冷房と同様かそれ以上に電気代がかかってしまいます。 「これを付けたら、電気代1万円オーバーか。。。」 と思うとちょっとためらってしまうかもしれません。 そんな我が家のONにする基準と、電気代について紹介したいと思います。

一夏終わって、ほぼ24時間冷房の効果と電気代を検証してみる。

一夏終わって、ほぼ24時間冷房の効果と電気代を検証してみる。

ほぼ24時間冷房を始めて、おおよそ一ヶ月半。 9月に入り大分涼しくなってきましたので、ちょっと振り返ってデータを見てみたいと思います。 24時間冷房の効果、電気代を昨年度と比較してみよう まずは今年にかかった電気代を昨年(2015年)と一昨年(2014年)で比較してみます。

高気密高断熱の家にアリさん侵入!一体何処から?

高気密高断熱の家にアリさん侵入!一体何処から?

高気密高断熱住宅のアキレス腱は窓やサッシ 高気密高断熱住宅を作る際に、一番大きな障害となるのはどこでしょうか? 壁のスキマ。外部との配管ルート。コンセントの穴。 などと言ったところが思いつきそうですが、一番大きなスキマになるのは、可動部です。

 
sponcered link