紫外線で見えにくくなったインターホンのレンズをDIYで交換してみよう

インターホン レンズ交換

インターホンの映りが悪くなってきたんだけど買い替えかなぁ?

ということで、今回はレンズ交換にチャレンジしてみました。

劇的に改善したものの、注意する点も多いのでDIYする際はお気を付けを!

インターホン分解、清掃編

インターホンが紫外線で見えなくなってきたので子機の分解とレンズの掃除してみた。
こんにちは、はっちです。 今回はTOP写真のパナソニック製のインターホン VL-V571L。 見た目は普通なのですが、内側の親機から確認する...

紫外線を防ぐために庇を作ってみました。

DIYでインターホンに庇をつけて紫外線の白濁を防ごう。
こんにちは、はっちです^^ 前回インターホンの画像がとても見えにくい状況になってしまっていました。 特に光が当たるとまったく見えなく...

今回はそれに続く続編になります!

インターホンのレンズ交換方法

使用しているインターホンはパナソニック製のVL-V571L(-S)。

前回までは分解したところで終了してしまいましたが、そんなところに一通のコメントが。

ホント!?ありがとうございます!

ということで早速購入してみました。

購入先はコメントにあるようにAliexpress。中国の大手通販サイトでの購入です。

CCTV カメラ 1.4 ミリメートル/1.78 ミリメートルレンズ 5.0 メガピクセル魚眼 210/200 度 Mtv M12 × 0.5 マウントレンズ Cctv 車のカメラ|CCTV Parts| – AliExpress

1.4mmのものと、1.78mmのものがありますが、1.4mmの方で取り付けを行いました。

届くのに時間がかかりますが、ちゃんと届きました。

インターホン レンズ

見えにくいですが、左が新しいレンズ、右が紫外線でバキバキのレンズ(汗)

右のレンズは設置から7年経過しています。前回(2年前)よりもさらにバキバキになってしまっています。

購入したレンズは設置されているものと同じものではないため交換には注意が必要です。

分解、取り付けは自己責任でお願いいたしますm(__)m

インターホンの分解とレンズの取り外し方法

それでは早速インターホンを分解していきます。

細かい点は以前の上のリンクの記事を参照してください。

インターホン レンズ

 

まずは壁から取り外したものです。ドライバー使用。

 

インターホン レンズ交換

 

高確率で繭のようなものと虫さんがいらっしゃいます^^;

ねじを外して中身にアクセス。精密ドライバー使用。

 

インターホン レンズ交換

 

前回はここまででしたが、今回はレンズも外していきます。

上の写真の上の基盤を外しました。

 

インターホン レンズ交換

 

裏から止められているレンズはただのレンズで、電気的に配線がつながっているわけではありませんのでねじで外すことができます。

 

インターホン レンズ交換

基盤からレンズが外れました。

基盤中央上部の青色の部分がカメラの心臓部と思われますので触れないようにしましょう。

 

さぁここからです。レンズを外していきますが、接着剤のようなもので固定されています。

インターホン レンズ交換

 

気休めですが、カッターで接着剤を切っていきます。

その後は、ラジペンのようなもので挟んで、ぐりっと外しました。ゆるむ回転方向は反時計回りです。

あまり力強く挟んでしまうと、中のレンズがばりっといきそうだったので、一応慎重に行いました。

はっち
はっち

まだ元に戻す可能性もあったので慎重にいきました。

インターホン レンズ交換

 

力加減をしながらですがようやく緩みましたので、くるくる外して新しいレンズをはめていきます。

M12ということでねじのサイズはばっちりです。

 

インターホン レンズ交換

 

とりあえず取り付けて復旧。

さぁとカメラを見てみると。。。

 

インターホン レンズ交換

全然映りませんでした^^;

実は先ほどのコメントにもありました、ピントの調整が必要ですとのこと。要は、

ピンボケ

です。

ピントを合わせるためにレンズのねじ込み具合を調整

再び外して、レンズのはめ込み具合を調整します。

何度か分解しては外して、ねじ込み具合を調整してようやくそこそこ見えるようになりました。

インターホン レンズ交換

おぉ!かなり鮮明に映るようになりました。(モザイクかけないと顔がわかるぐらい)

ただ、画面を見ながら調整できるわけではなく、結構分解、調整と大変なのでそこそこで妥協します^^;

その時のレンズの高さがこれぐらいです。

インターホン レンズ交換 高さ

レンズ先端までおおよそ1cmかなというとこです。

設置環境、人の立ちやすい位置なども関係するかもしれませんので、参考まで。

ただちょっと、レンズの高さがあるために保護カバーと接触してしまうのが気になります。

レンズを留めている裏の基盤のねじを少し緩めています。

インターホンのレンズ交換 ビフォーアフター

今回のレンズ交換でインターホンの映像は次のように変わりました。

BEFORE

インターホン 白濁

 

AFTER

インターホン レンズ交換

誰かいることはわかるけど、、、ぐらいだったものがしっかりと誰かまで判別できるようになりました。(モザイク失礼します^^;)

ピントの調整次第ではもっと鮮明になるかもしれませんね。

難しいなと思った方は子機だけの購入も可能

今回、インターホンの取り外し、精密ドライバや電気の取り外しなど、中国からの部品の購入など少しハードルが高い面もあったかもしれません。

子機を丸ごと交換するのであればドライバ一本で大丈夫です。

交換の仕方はこちらの記事を参考にしてください。

インターホンが紫外線で見えなくなってきたので子機の分解とレンズの掃除してみた。
こんにちは、はっちです。 今回はTOP写真のパナソニック製のインターホン VL-V571L。 見た目は普通なのですが、内側の親機から確認する...
はっち
はっち

がんばってください!

コメント

  1. 吉川 より:

    おせわにまります・はっち様のようにカメラインターホンレンズ交換しようと
    アリエクでレンズ発注しようと探しましたら2種類ありまして1.4ミリメートルか?
    1.78メートルの選択出ますがどちらですか?