SPF材で作ったDIYガーデンシェッド(物置小屋)の5年目の耐久性

こんにちは、はっちです^^

約5年前、初めての大型DIYとして作成したガーデンシェッド(物置)

苦労して作成はしましたが、主材料は耐久性の低いSPF材

5年目を迎えてどうなったのかお伝えしたいと思います。

素人DIYの物置4年後にはどうなったのか?

DIYを初めてまだ1年目の時に初めて大型のDIYに挑戦したものですので、多少のガタツキはご勘弁いただければと思います。

主材料 SPF材
塗料 水性塗料

その時のまとめリンクはこちら

物置小屋(ガーデンシェッド)DIY

小さな物置小屋をSPF材を使ってDIYしてみました。なるべく耐久性をもたせるように色々と工夫しています。
全7回。ちょっと本格的DIYです。

まずは全体を見ていきます。

作成直後

4年後

 

光の加減にもよりますが、おおよそ変わっていないような気がします。

ただ、近くで見ると、

 

ガーデンシェッド 物置

 

ちょっと見過ごしていました。

扉の下部なのですが、ここ雨水が溜まってしまいますね。

そのせいか、少しコケが生えてきていました。

心なしか扉の塗装も弱っていそうです。

 

続いて金具の部分です。

 

ガーデンシェッド 物置 金具

 

蝶番はステンレス製ではなく塗装したものでしたので、目立たないですがサビが出てきています。

開閉には問題無いのでいいのですが、少し気になります。

 

屋根材に使用したオンデュリンは大丈夫そうです。

 

ガーデンシェッド 物置 屋根

 

白く塗装した外壁の変わりの鎧張りをしたところは未だにきれいな白色を保ってくれています。

 

ガーデンシェッド 物置 鎧張り

 

鎧張りした板も反ってきてはいますが、内部に水が入ってくるようなことはありません。

 

ガーデンシェッド 物置

※ 板目から反りが反対になるようにしておけば良かったですね。

左半分に見える板は余った板を置いておいたところ、白銀化してしまいました^^;

白で塗装したときは大丈夫かな?と思っていたのですが、全く問題なく、外壁の白よりも白く見えます。

ここまで白を維持できるとは思っていませんでした。

当初、アクリル系塗料は経年とともに隙間に入り込みはがれてくる。という情報でしたが、今のところその様子はなさそうです。

日差しが厳しいところだとそうはいかないかもですね。

今回設置場所は北側で全体的に日差しは弱いのですが、横に置いてあり、両サイドを壁に囲まれているにもかかわらず、先ほど見えていた板は完全に色がなくなっていました。それなりに強い日差しは浴びているようです。

 

ライトがついている側がかなり強い西日を浴びていますが、そちらも劣化は見られませんでした。

 

物置 DIY 鎧張り

 

内部も特に問題なしです。

 

物置 DIY

 

ただ隙間があるので、時々虫が入ってきています。

 

物置 DI

 

ハチの巣とカマキリの卵はたまにみかけます。まじびびります。入らないで。

 

 

後で夜に物置の内部を見るため、兼、防犯用太陽光ライトはいまだに健在ですが、見た目に黄ばんできました。

 

物置 DIY センサーライト

 

案外電池持つなと驚きです。

 

基礎部分についても問題なさそうです。さびてくるかと思っていたアンカー部分は全く錆びていません。

 

物置 DIY 基礎

 

敗れている部分は防水シートなのですが、見えている部分は不要なのでビリビリでも問題なしです。(処理してないだけ)

 

扉は昨年度まで平気だったのですが、最近引っかかるようになってきました。

 

物置 DIY 扉

 

木が経年で曲がってきたのか、枠が多少歪んできたのかもしれません。

4年経過したけどまだまだOK!

もともとSPF材を使用しているので、構造的に基礎を上げたり、鎧張りで保護したりして耐久性を上げるようにしていることも幸いしてかまだまだ使えそうです。

ただ、一番の理由は北側に設置してあるからかもしれないですね。

ただ、よく西日が当たる箇所も特に劣化は見られず、きれいな白色を維持していました。

正直2年ほどで塗り直しとかいるかな?なんて思っていたため嬉しい結果です。

また数年後に状況を報告したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました