庭にゆずの木を植えるのは相当の覚悟が必要。

はっち
はっち

庭にゆずの木があれば、冬至の時とかにゆず湯とかできるんじゃない?

という軽い気持ちで植えたゆずでしたが、、、

香りの良い実と引き換えに手入れは大変です。

ゆずの棘は靴も貫く

yuzu

 

ゆずは可愛らしい黄色の実をつけてくれます。

そして、春には白い花も咲きます。

 

ゆず 庭

 

ゆずの木は常緑樹ですので冬も葉っぱに覆われているのですが、その中にしっかり危険なものが飛び出ています。

 

柚子 とげ

ゆずの棘です。

はっち
はっち

棘と言っても植物でしょ。

なんて思っていたのは最初だけでした。

 

 

このゆずの棘はかなり強く鋭くなっています。

その強さは、普通のゴム手袋ぐらいでは防げません。余裕で貫いてきます。

 

 

靴なら大丈夫でしょ。

と思ってスニーカーでごみ袋に入るように足で押し込んだところ、

靴底に刺さります。

クロックスぐらいだと余裕で貫通して足に突き刺さるでしょう。

そうなると大変なのが剪定後のゴミ出し作業。

 

 

普通の木であれば、枝を握って、ボキッと折って袋に入る大きさにします。

また太い木は手で支えながら丸のこやのこぎりでカットします。

 

なんとか注意しながらこの作業を行いますが、とにかく力をかけられないので効率が悪い。

また、3袋ぐらいゴミ袋に入れるころには手が棘で傷だらけです。

その穴は見えないですし、血も出ませんが、細かな傷がたくさんついているのがわかります。

 

どういう経緯かわかりませんが、時々毛虫がささっています。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました