長く点けるところほど省エネに!1分で簡単交換!蛍光灯をLED器具に交換してみよう!

長く点けるところほど省エネに!1分で簡単交換!蛍光灯をLED器具に交換してみよう!

 

照明 交換

こんばんは、はっちです^^

今回は照明器具を交換してみます。

交換と言っても、天井から吊り下げられている蛍光灯器具をLEDシーリングライトに交換している所を動画で紹介したいと思います。

吊り下げ金具が使われていない器具の交換方法はこちら。

キッチンの蛍光灯をLED照明器具に交換してみました。通常の引掛け金具のあるタイプと違い、直接電線でつながっているタイプなので電気工事士の資格が必要になります。

LED照明器具に交換するのって難しい?

照明器具の交換はとてもかんたんにできるように作られています。

今回交換しようとしている器具はこちら。

交換している様子を動画で撮影してみました^^;

手が届く用に脚立があれば大丈夫。

動画を閲覧できない方は次で交換方法を紹介しています。

吊り下げ金具付きの照明器具の交換方法。

今回交換する器具はこちら。

照明 交換

いかにもな古い吊り下げ型の器具ですが、シーリングライトでも外し方は同様です。

照明 交換

これぐらいの脚立があれば届くかなと思います。

コロ付きのイスとかでやらないようにしてくださいね^^(←ダイブして怪我しそうになった人)

上を見るとこんな感じで接続されていますので。

照明 交換

ひもを支えながら、上のボタンのようなものを押して、ひねるとカチッと取れます。

外したら取り付けるLED照明を取り出します。

照明 交換

今回はドウシシャ製のLuminousLED LEDシーリングライト MM-R06D(6畳用)。

リモコン付き、調光付きでとにかく安かった^^

部屋は4.5畳ですが、少し大きい方が調光もできますし、色々と調整できるのでおすすめです。

照明 交換

これがひっかけ金具。

昔から変わらない接続方式なので、古くても大丈夫^^

照明 交換

溝に合わせてはめ込みます。

もし既存の照明器具を外してみて、直接配線が繋がっているようであれば、以下のリンクを参考にしてください。

キッチンの蛍光灯をLED照明器具に交換してみました。通常の引掛け金具のあるタイプと違い、直接電線でつながっているタイプなので電気工事士の資格が必要になります。

ただし、ハードルがかなり上がります^^;

取り付けたら、円盤の様なLED本体を下からスコンとはめ込みます。

照明 交換

忘れずに電源線を取り付けてくださいね。

照明 交換

最後にカバーを爪に合わせて取り付けて完成です。

照明 交換

結構簡単にできました。

後はスイッチオンして、調光具合だとかリモコン操作して動作確認して完了です。

蛍光灯とLED照明器具の省エネ性能で購入費用がタダも同然。

同じ畳数の能力を持つ蛍光灯の照明器具と、LED照明器具の電力の違いを比較してみました。

洋室②が蛍光灯で77W。

洋室①がLEDで38Wとほぼ倍の差が出ました。

これが1日8時間。365日で、約114kWhの差がでます。

1kWh当たり28円で計算すると、年間3,200円ほどの電気代に差が出てきます。

このサイズのLEDであれば1~2年で元が取れそうですね。

今使っている蛍光灯の使用頻度が高ければ、ぜひ交換をお薦めします。

長寿命のLEDにすることで、蛍光灯の交換、手間も省けるのでいいことだらけですね。

天井についていると思っている以上に大変そうですが、照明器具の交換はすごく簡単です。

ぜひともチャレンジしてみてください^^