落雷からの火災保険、どこまでいっても被害状況はわからない。

こんにちは、はっちです^^

落雷から早2週間が経過しようとしています。

現在の所、直ったものはエコキュート、浴室LEDのみ。

勘違いしてしまうような言い方ですが、一条工務店の方、業者の方、暑くて大変な中、何度も訪問していただき修理をしていただいております。

ですが、一番の悩みどころが一つあります。

落雷の被害は一体どこまで広がっているのか・・・

落雷が落ちて色々な被害が見えてきてから、ずっと気にしていました。

気にしていたので、全ての電化製品を動かしたり、動作を確認したりしていたのですが、それでもまだ見落としがありました。

気づきにくい場所、実際に壊れていないですがチェック漏れしそうな場所を紹介しておきます。

センサー系の電化製品

落雷 LED センサー

センサー系の電化製品は上の写真のように点きっぱなしになっていればすぐに気が付きますが、逆にセンサーが働かないと動かないものは気が付きにくいです。

さらに裏口の電灯がセンサー式だったりすると、夜に行かないと気が付きません。

その他に、タイマーで動くもの。日没後3時間だけ点灯。

などのようなものもわかりにくくなっていますので注意です。

玄関ドアスマートキー UBキーガル

リモコン操作や、リモコンを所持していれば、ボタンを押すだけで解錠可能な便利な鍵であるUBキーガル。

当初、普通に動いていたので全く気が付かなかったのですが、ロックを掛ける時のモーター音が多少抵抗があるような気がしていました。

こんなもんだろうと思っていたのですが、ちょっと鍵受けの部分を触ってみると。

UBキーガル あたたかい

あったかィネ

普段からこんなに暖かかったかな?と思ってみるのですが、当然そんな記憶ありません。

HEMSで玄関周りの電気の使用量を見てみても、以前と変わらず増減もありません。

大丈夫そうだと思ってはいたのですが、一条工務店のアフターさんに相談すると。

アフターさん「わかりました、三協アルミさんにこういう事例があるか、また他のお宅でそのようなことがあるか調べてみます。」

お世話になりますm(__)m

ということで調べてもらったところ。

三協アルミさん「そのようなところが熱くなることは通常ありません。何か影響が出ている可能性があるので交換したほうが良いですよ。」

とのことでした。

通常通り動作するためそのままにしておいた可能性もあるのですが、確認しておいてよかったです。

いきなり発火されても困りますし、本当に火災保険になってしまいます。

ルーター、モデムなど

インターネットを使用していたり、家庭用Wi-Fiを使っていればすぐに気がつくかもしれませんが、そうでないと案外気が付かない場所です。

また、落雷の場所によっては電線ではなく、通信用の線を伝ってくる可能性もあるため、被害に会いやすい場所とも聞いています。

今回の我が家は大丈夫でした。

ノートパソコン

こちらも使っていればわかりそうな気がしますが、すぐにわかりませんでした。

被害にあった場所はACアダプタ。

落雷後2,3日使っていたら、充電メーターが減っていることに気が付きました。

あれ?と思っていたら。どうもACアダプタの故障な様子。

こういうものはメーカーから同じようなものを買ったほうがいいよな~と思い、DELLに頼んだ所、到着予定日、半月後(汗)

しばらくノートパソコン起動することが出来ませんでした。

太陽光発電設備

こちらは最初から停止していたことは確認していたのですが。

屋内にある基盤交換 → 動かず。

パワーコンディショナ交換 → 動いた。

よしよしと思っていたら発電量が。

太陽光発電 少ない

ちょびっと。

朝の5時から動いているので日射を受けてパワーコンディショナが動き出しているのはわかるのですが、その後発電量が伸びません。

パワーコンディショナ側ではエラーは出ていない様子。

一条アフターさんに連絡すると。

アフターさん「それはダメですね!わかりました、急いで手配しますが、太陽光パネルがダメだった場合在庫にもよりますし、足場の手配もあるので一ヶ月ほど掛かる可能性があります。」

常に親身になってくれているので助かりますが、一ヶ月かぁ~。

もうここまで来たら売電量どうこう考えることは止めたほうが精神的に良さそうです。

段取り良く修理ができることを祈ります。

ですが、また違う疑念も。

HEMSって大丈夫?

精密機械の塊でもあるHEMS。この売電量が少ないのはHEMSのいち部が故障しているから?

などということも考えられます。

ですが、HEMSの配線はこんな感じ。

HEMS 配線

(汗)

この線の先がどうなっているのか。結構気になります。

火災保険の申請をいつ出すのか悩む。

こう色々と被害が出てくると、まだ何かあるのではないだろうか?

と、火災保険の申請を出すタイミングをどうしようか迷ってしまいます。

その点について、AIG保険会社に聞いてみた所、あとから判明したものは、また申請書を送りますから大丈夫ですよ^^

と言っていただけました。

また、こういった気になることがいくつかあり担当者に聞いてみましたので、今度Q&Aみたいなことが記事にできればいいなと思います。

それではm(__)m