本当に怖い丸のこのキックバック。気を付けておきたい5つのこと。

丸のこ キックバック

こんにちは、はっちです^^

今回は前回紹介したまるのこを使うにあたって、躊躇してしまうその危険性について色々なDIYをしてきた経験から書いてみたいと思います。

丸のこは危険な道具ですが、その分作業性はものすごく高いので、なるべく安全に使えるように気をつける点を書いていきたいと思います。

はっち
はっち

危険なことが分かっていれば、とても便利ですよ。

丸のこを使う上での注意したいキックバック

丸のこを使う方は聞いたことがあるでしょうし、やったこともあるかもしれませんが、

キックバックという現象が起きる可能性があります。

丸のこはその高速回転する刃をみているだけで、危険な雰囲気がぷんぷんします。

 

 

実際に自分も小さいブラックアンドデッカーの丸のこを使っている時に何度か遭遇してしまいました。

 

ブラックアンドデッカー 丸鋸

 

実際にやってしまった木材です。

 

丸のこ キックバック

 

ブラックアンドデッカーの小さな丸のこにも関わらず、キックバックが起きてから15cmほど丸のこが木材の上を飛ばされているのが傷跡からわかります。

出来事はほんの一瞬です。

この軌道上に手や足があったら怪我は避けられません。

その威力はかなりのものになります。

Kickback on Camera!

2分30秒頃にキックバックが起きています。

何を言っているかはわかりませんが(苦笑)危険な現象ということはわかります。

ただ、このキックバックですが、気にしていれば避けられます。

 

キックバックから身を守るために。

キックバックは色々な原因で起こってしまいます。

ですので、キックバックが起きても大丈夫なように普段から気をつけて作業する必要があります。

 

・切断している丸のこの真後ろに身体を入れない。

キックバックする際、材料が固定されていれば丸のこは後ろに飛ばされます。

丸のこを切り進める方向から真後ろに手を置いたり、足を置いていると、丸鋸の刃が飛んできて怪我をする可能性があります。

はっち
はっち

切り進める直線上には体は置かないようにしてください。

 

・切断している材の前に立たない。

丸のこ側が飛ばされれば丸のこは後ろに飛んでいきますが、逆に切断した材が軽いものであったり固定がされていなければ、材の方が飛ばされるという危険な状態になります。

その勢いは想像以上の物があり、かなり飛んで行く可能性もあります。

テーブルソーのような固定された強力な丸のこの場合、木材が弾丸のように飛んでいきます。

 

この2点、といいますか、丸のこの切断ラインの直線上には立たないことで、キックバックが起きても、今の丸のこであれば安全に対処できると思います。

 

”今の”としたのは、

刃にブレーキがついている。

安全カバーが付いている。

という前提です。

一昔前の丸のこではトリガー(スイッチ)を離してもしばらく刃が回転し続けるものであったり、危険な刃が切断時以外に剥き出しにならないように安全カバーが付いているものがありますが、この全カバーが邪魔なため、閉まらないように固定してしまい、そのため、常に刃がむき出し状態になっている丸のこを見かけるからです。

それら安全装置が無ければ、不意な丸のこのキックバックにより、被害が大きくなる可能性があります。

ぜひ購入の際はこの辺りを気をつけていただければと思います。

 

どうしてキックバックは起こるのか。

こちらも大事な項目ですよね。

突然、不意な力が発生するため、作業しているととてもびっくりしますし、またびっくりすることが危険です。

キックバックはできれば起こしたくありません。

まず一番は、キックバックは刃に負荷がかかることで発生します。

 

・切っている最中に刃を傾けない。

監督
監督

いやいや、そんなことしないよ^^

と思うかもしれませんが、単純作業をしていたり、油断していると結構やってしまいます。

丸のこを必要以上に傾けることで、刃に負荷がかかりキックバックを起こしてしまうことがあります。

特に疲れているときなど注意です。

また繰り返し作業も注意です。

まるのこ 切り欠き

 

このように切り欠きを作るために、何度も一定方向に切り込みを入れるのですが、3kgの重さの丸のこを何度も動かしていると、段々最後まで切りきらずに手を戻そうとしてしまうことがあります。

完全に刃が抜けてない状態で戻そうとするとあらぬ方向に刃が傾き、キックバックを発生させてしまう可能性があります。

 

・切り終わった木材の行方

台の上で材を切る場合、切り終わりにポロッと落ちるように切ることが多いですが、ポロっと落ちる瞬間、材は刃の内側方向に落ちます。

その木材が刃にひっかかり、材をふっとばすということも有るようです。

また、反った木材や、重たい材の場合、切断していくことで木がより曲がり、刃を挟み込んでしまうこともあります。

がちっと挟み込まれた高速回転していた刃の反動は、そのまま丸のこを持つ手にかかり、思わぬ反動にびっくりしてしまうこともあります。

 

そして最後に一番大事なことですが。

・切りやすい姿勢を取ること

です。

しっかり姿勢を取るとことで、力を込めてまっすぐ丸のこを動かせますし、身体が危険な場所にあることも避けられます。

高いところを横向きに切断するときなども注意です。

丸のこ 斜め切り

プロは両手で丸のこを支えながらカットすることもあるそうですが、慣れないうちはやらないほうが無難です。

顔の目の前で高速回転する刃を見ているのは生きた心地がしません^^;

疲れている時など、どうしても気が抜けてしまう時にキックバックの事故は起きてしまうようです。

 

・用途に合っていない物を切らない。

丸のこは刃を変えれば色々切れます。

ですが、これでもいけるんじゃない?と試してみるのは危険です。十分周りにも注意しながら試してください。

 

丸のこの安全な使い方まとめ

丸のこで一番危ない現象がキックバックです。

ですがそのキックバックは気をつけていれば発生させることもありませんし、起こったとしても注意していれば避けることもできます。

ただ、気をつけなければ行けないのはキックバックだけではありません。

コードの巻き込みやその他使い方、初心者の丸のこの選び方などコチラで紹介していますので、また参考にしてください。

DIYに慣れてきたらほしい丸のこの選び方と3つのポイントを紹介!
木工DIYをしていると欲しくなるのが丸のこ。 ジグソーでよりも切断能力、速さ、直進性は丸のこに軍配が上がります。 使ってみるとわかる重視したい点を中心に、初心者がどういうものを選べばいいのか、ということを書いていきたいと思います。

注意さえすればとても便利な丸のこなので、ぜひ使ってみてください。

危ないですが慣れてしまえば問題は無さそう。

油断している時がまた危険ですけどね。それでは(*^^*)

コメント